人仕事通信
Workin.jp >  >  >  広島県が移住先としておすすめな理由と利用できる支援情報

広島県が移住先としておすすめな理由と利用できる支援情報

広島カープや原爆ドームなど、離れていても話題を耳にすることの多い広島県ですが、中国地方の中心的な場所としてのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

都会からの程良い距離と落ち着いた環境から、広島県を移住先として選ぶ方も増えています。そこで今回は、広島県はどのような場所なのか、移住先としてどのような魅力があるのかなどについてまとめてみました。移住支援の制度についてもご紹介していますので、移住を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

広島県ってどんな場所?

移住に関する情報をご紹介する前に、まずは広島県の概要について確認しておきましょう。

基本情報

中国地方に位置している広島県は、南は瀬戸内海に面し、北は島根県と鳥取県東は岡山県西は山口県に隣接しています。

広島県の住民の数は、約280万人です。県内は大きく4つのエリアに分けられており、南東部は備後南西部は安芸北東部は備北北西部は芸北と呼ばれています。北は脊梁山地、南は平野となっており、県の中心には江の川が流れています。

参考:総務省統計局ホームページ
https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

食・風土

広島県には、有名な食材が多くあります。そのひとつが、牡蠣です。冬になると広島産の牡蠣を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。宮島周辺が牡蠣の生産地として全国的に知られており、広島県としての出荷量は全国1位です。

農産物では、レモンがよく知られています。広島は国産レモンの発祥地で、瀬戸内海の島などを中心に生産されています。

地元で味わえるグルメもたくさんあり、中でも広島焼やもみじ饅頭は定番の味として観光客にも人気です。

民芸品も多くあり、中でも熊野筆や宮島細工、広島仏壇などの5品目は経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されています。

参考:総務省「広島県」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000650964.pdf

広島県の生活環境

広島県に移住したら、どのような生活環境で暮らすことになるのでしょうか。気候など環境の特性についてみていきましょう。

気候

春は、1年の中でも寒暖差が大きい時期です。3〜4月は空気が乾燥するほか、黄砂によって空が黄色がかったように見えることがあります。梅雨の時期は、前線の影響で集中的な豪雨に見舞われることがしばしばあります。

夏は気温が高く、晴天の日が多い時期です。真夏の瀬戸内海沿岸では、一時的に風が止んで無風になる「瀬戸の夕なぎ」と呼ばれる現象が起きることがあります。この間、風がないため、体感としてはかなりの暑さです。

冬は山間部を中心に降水量が多くなり、多い場所では1メートル以上の積雪となります。一方で、瀬戸内海沿岸は雪は少なく、晴天の日も多いです。

暮らし

広島県民の持ち家率は61.4%と、全国平均とほぼ同じくらいです。

参考元:総務省統計局ホームページ「平成30年住宅・土地統計調査」
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/kihon_gaiyou.pdf

広島市内はJRのほか、路面電車やアストラムラインが走っており、交通の便が良いことが魅力です。

瀬戸内海や中国山地をはじめとした山々があり、マリンスポーツやキャンプ、登山などアウトドア好きには絶好の環境がそろっています。

都市の良さと豊かな自然環境の魅力、両方が手に入れられるのが、広島県の良いところです。

広島県の子育て・教育環境

子育て世帯がもっとも気になるのが、子育てや教育に関する支援ではないかと思います。広島県ではどのような取り組みが行われているのか、見ていきましょう。

子育て世代に寄り添うサービスが豊富

広島県では、「ひろしま版ネウボラ」を県全体で構築していく取り組みを行っています。ネウボラとは、妊娠中の方から子育て中の方まで、切れ目のないサービスをワンストップで提供するもので、フィンランドで普及しているシステムです。

「ひろしま版ネウボラ」では、いつでも誰でも利用できる子育て・見守り拠点を目指しており、身近な地域ごとに、専門職が対応できる相談窓口を設置することとしています。現在は県内の6市町でモデル事業を展開していて、ネウボラ相談員を担う人材の育成も行っているところです。

また、広島県で子育てをする人向けに、役立つ情報をまとめたポータルサイト「イクちゃんネット」も開設しています。

■市の取り組み

広島県内の各市町村でも、子育て支援は積極的に行われています。県庁所在市である広島市では、市内の子育てに関する情報がまとめられているポータルサイト「ひろまる」が開設されています。

妊娠中の過程や子育てに関することを記録できる「ひろしま子育て応援アプリ」も無料で提供されており、イベントや子育て支援施設の情報なども、アプリ上で提供されているので、気になる方はチェックしてみてください。

県全体地域全体で教育を支える広島県

広島県の教育施策で特徴的なのは、環境学習を進めていることです。環境教育は、持続可能な社会をつくることを目指して、環境や社会、経済などいろいろなつながりや環境の保全などについて学ぶための教育をいいます。全国的に行われている取り組みですが、県内の学校でもそれぞれ特徴的な学習が進められています。

学びのセーフティネットを構築する取り組みも、広島県で強化されているポイントです。家庭の経済的な事情などによらず、子供がその可能性や能力を発揮できるように、相談支援や経済的な負担の軽減などが行われています。

広島県の移住支援

さまざまな魅力を持った広島県ですが、移住希望者に対してはどのような支援が行われているのでしょうか。

移動にかかる経費の支援として、「片道交通費支援制度」があります。東京圏(埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)にお住まいで20歳以上の方で、広島県へ移住することを検討している場合に支援対象となります。

支援されるのは、移住前の調査や就職に伴う企業の訪問などの場合です。移住を予定している市町村の窓口や、就職・引越しなどに関わる民間事業者を訪問しなければなりません。単純に旅行目的では支援を受けられませんので、ご注意ください。

住まいに関する情報は、県の空き家バンクで探すことができます。各市町村でも空き家の情報提供を行っているほか、空き家や空き店舗を使った開業をする人へ補助金を出している場合もありますので、当てはまる方は確認してみると良いでしょう。

広島市では、地域課題解決ネットワークと連携しており、定住や創業などに関して適切な相談窓口につなぎ、ニーズに対応した支援ができる体制が整っています。

まとめ

美味しい食べ物や晴天が多い気候など、魅力の多い広島県は、移住支援策も充実しており、地方への引越しが初めての方も安心できそうな環境が整っています。

もし、移住後に仕事を探すなら、Workinの利用がおすすめです。希望にあった求人を検索できる「おまかせ検索」が便利で、自分にあった条件の求人を探すことができます。移住後も充実した暮らしができるよう、仕事探しにもこだわってみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS