人仕事通信
Workin.jp >  >  >  地方への転職が難しいといわれる理由と対策

地方への転職が難しいといわれる理由と対策

地方での転職が難しい理由としては、まず都心部とは求められている人材が異なることが考えられます。一方で、適切に地方のニーズや状況をリサーチしたうえで転職活動を行わなければ、失敗してしまうリスクがあることも事実です。

この記事では、地方の求人状況や地方転職が難しくなる原因について確認しながら、成功させるためのポイントについて紹介しています。

地方での転職は本当に難しいのか

地方での転職が難しいと思われている背景には、地方には求人が少ないというイメージがあります。

しかし、都道府県別の有効求人倍率によると、2020年1月の東京都では有効求人倍率が1.96倍となっています。一方で、福井県で1.93倍、岐阜県で1.84倍となっており、東京都とほとんど差がない地域があることも分かります。

全国平均は1.49倍のため地方でも全国平均値よりも高い場合もあり、地方に求人が少ないイメージは、実際とは異なると考えられます。

参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和2年1月分)」地域別有効求人倍率より
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00030.html

有効求人倍率とは、求職者1人あたりに対し求人募集が何件あるかが分かるものです。

つまり、数字が高いほど求人募集が豊富にあると判断でき、1倍を超えていれば就職や転職が難しい状態ではないといえるでしょう。

地方への転職が難しくなる原因

地方への転職が難しくなる原因は、求人が少ないからではないと分かりました。では、地方への転職を難しくしている要因には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、地方への転職を難しくしている3つの原因について見ていきましょう。

人材としての価値を客観的に把握できていない

自分自身の人材としての価値を客観視できていないことも、転職を難しくする要因のひとつです。年収ばかりに注目するあまり、自分が持っているスキルと仕事で求められているスキルにギャップがあることを把握できなくなります。

一方で、自分の持つ強みを理解できておらず、企業に対してうまくアピールできていないと適切に評価が得られない可能性もあります。

自身の評価基準を年収で判断していると、地方転職の際に年収のダウンを許容できないため、転職活動が難航すると考えられます。

地方での求人の実態を分かっていない

有効求人倍率では求人数が豊富にあることが示されていますが、希望する職種が地方では少ない場合があります。

地方での求人の実態を分かっておらず、自分がやりたい仕事と高収入にばかり絞って転職先を探していれば、転職が難しくなることは容易に予測できます。

また、地方と都心では重要度の高い仕事は異なっており、都心とは違う業種で年収が高い・求人が多いなどの特徴をもつ地域もあるでしょう。

リサーチが不足している状態で地方への転職を試みるのは、対策が何もできていない状態であり、失敗するリスクが高くなる可能性があります。

地方で求められるニーズを分かっていない

地方は大企業よりも中小企業が多く、高学歴・高キャリアよりも幅広く業務をこなせる対応力が求められる傾向にあります。

都心部の企業で働いていると、ひとつの業務に集中して取り組める専門性が必要ですが、地方では専門分野以外の業務を請け負う場面も出てくるでしょう。

雇用できる人数に限りがあるため、専門外の仕事でも意欲的に取り組めるか、という点がニーズにあることを理解している必要があります。

地方のニーズに対し、専門性のアピールばかり行っていれば「自社の仕事には合わない」と判断されてしまうかもしれません。

地方で転職を成功させるには

地方で転職を成功させるには、いくつかのポイントを押さえて転職活動を行うことが大切です。ここでは、地方転職を成功させるために必要な3つのポイントについて紹介します。

また、転職活動の際は、可能な限り移住や退職を行う前の段階で求人探しや応募を行うのも重要です。転職活動が長期化した際などに備えて、就職先を確保してから移住などの手続きを進めるようにしましょう。

自分の強みを把握する

自分の強みを明確に把握しておくことも大切です。都心で働いているときには強みだと感じていなかった要素が、地方転職では有利になる場合もあるためです。

転職の際に何度も失敗してしまうことがないように、あらかじめ自分に合った仕事を把握したうえで、適切なアピール方法を検討する必要があります。

Workinなら、自分の強みを3分で確認できる「らくらく自己診断」の機能を活用できます。「自立志向」「安定志向」「チャレンジ志向」など、8つのポイントに対する適性を診断でき、客観的に自身の強みを把握することが可能です。

自身の強みを確認する材料として、活用してみてはいかがでしょうか。

地方の求人をチェックする

地方の求人を実際に見て、どのような業種で求人が多いのかなどをチェックしておくことも大切です。

希望する職種がすでに決まっているのであれば、十分な求人数があるかを確認しておきましょう。

給与や福利厚生、周辺の地価・物価などの確認も重要です。現在の仕事と比較すると収入が下がる可能性はありますが、住居費が安く済むなど支出が抑えられることもあるため、それほど不安視する必要はありません。

同一の業種において平均的な給与はどの程度なのかを確認し、必要以上に年収にこだわらないこともポイントのひとつです。

地方でのニーズを把握する

地方でのニーズを把握するうえでも、実際に求人を確認するのは有効な手段です。必要な資格や経験などを含め、どういった人物が求められているのかを判断する際に役立ちます。

地方のニーズを把握できていれば、自分の強みを活かしたアピールも的確に行えるようになり、転職活動をスムーズに進めることが可能になるでしょう。

地域に密着した求人情報を配信しているWorkinでは、地方の豊富な求人情報をインターネット上で確認することができます。

また「Uターン・Iターン歓迎」「入社日応相談」など、地方への転職・移住スケジュールに理解ある求人に絞ることが可能な「こだわり検索」機能もあります。

地方への転職を検討し始めた際には、Workinの掲載求人で傾向を確認し、らくらく自己診断で自分の強みを把握することから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

地方への転職は、対策を行っていなければ失敗してしまう可能性もあるため、難しいというイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし、有効求人倍率からも分かるように、求人は豊富にあるうえに、優秀な人材であれば高待遇で迎えられる可能性もあります。

地方転職を成功させるために、Workinの求人検索機能をご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS