人仕事通信
Workin.jp >  >  >  スムーズに地元で就職先を見つけるためのUターン転職のやり方

スムーズに地元で就職先を見つけるためのUターン転職のやり方

Uターン転職は、自治体によって「助成」や「優遇措置」が取られているところもあり、検討している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Uターン転職を成功させるためのやり方について、転職までの流れやコツを交えて紹介しています。

Uターン転職は普通の転職とどう違う?

Uターン転職は、地方の出身地から出て都市部で働いていた人が、出身地へ戻って転職を行うことを指します。ここでは、Uターン転職と一般的な転職の違いについて紹介します。

ライフスタイルが変化する

一般的な転職では、ライフスタイルに大きな変化はありません。都心部であれば、最寄りの駅やバス停から勤務地まで、公共交通機関を利用して通勤する人も多いでしょう。

Uターン転職で地方の勤務地へ転職した場合、通勤時間が短縮する場合や車通勤となる可能性があります。公共交通機関の運行本数が少ないため、自家用車の保有率が高いことも影響していると考えられます。

また、地方部では農業の盛んな地域に近接していれば農作物が安く、沿岸部では海産物が安価で入手できるほか、地価も都市部より安いというメリットがあります。

地域によって異なりますが、生活コスト削減に繋がる場合もあるなど、地方ならではのライフスタイルになることもUターン転職の魅力のひとつです。

地元とのつながりが強くなる

出身地へ転職を機に戻る形となるUターン転職では、実家のそばに住むことができるため、両親や転職者相互にとって、有事の際に安心感があります。

地元ならではの生活に順応する必要もありますが、Uターン転職であれば幼少期などに過ごしている土地であり、スムーズに順応することが可能です。

また、学生時代からの友人が地元で就職している場合もあり、職場以外での人間関係でも「地元」という繋がりを強く感じられるのではないでしょうか。

Uターン転職の手順

Uターン転職をスムーズに行うために、転職までの流れについて確認しておくと安心です。ここでは、転職までの流れと重要なポイントについて見ていきましょう。

情報収集

まずは、地元の家賃や通勤時間、物価など生活にかかるコストや交通網について情報収集を行いましょう。

求人募集を出している企業の場合、周辺の同業種と年収に差がないかなどもチェックしておく必要があります。

東京や神奈川では令和元年度のデータで、最低賃金が時給1,000円を超えているのに対し、他の地方部では700~800円代が多くなっています。

参照:厚生労働省 令和元年度地域別最低賃金改定状況 より
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

上述のことから、同程度のキャリアであっても地方への転職は、年収減となる可能性があることに注意しておかなければなりません。

また、地方部では企業数も都心ほど多くないため、求人数が少ない可能性があります。自分の求める条件の求人を見つけた場合は、早めに動き出すように意識しましょう。

地元の自治体が打ち出している情報を積極的に確認し、Uターン転職への助成や支援を活用するのもおすすめです。

自己分析

自己分析をして、Uターン転職を行う理由を明確にしておくことも大切です。なぜ地元に戻って働きたいと考えているのか、地元でどのような仕事をしたいと考えているのかなど、明確なビジョンを持って臨みましょう。

また、将来的に再度都市部へ帰ってくることを想定しているのか、地元でのキャリアアップや起業するつもりなのかなど、長期スパンで計画しておく必要があります。

メリットばかりではなく、年収が減ることや交通の不便さなど、地方の特徴を踏まえた判断をすることが重要です。

応募・面接

リサーチを終えて意思確認もでき、自分が就きたい職種が地元で見つかれば、応募や面接を行います。

条件の良い求人は、競争率が高くすぐに応募者が集まる可能性があります。こまめに求人情報をチェックし、気になる企業は早めにアプローチしていきましょう。

都市部で就業中の場合、面接の際に地方に帰省する必要が出てきます。面接日程の調整には、企業側の希望に合うように、有給申請を行う必要があるかもしれません。

現在就業中の企業で行っている業務状況などを踏まえて、スケジュールをコントロールすることが大切です。

内定・退職・入社

内定が出たら入社日までの逆算を行い、現在就業中の企業に退職願・退職届を出します。

退職にあたって引き継ぎ作業が必要になるだけでなく、企業側の欠員募集にかかる時間なども可能な限り考慮し、早めの申告を行う必要があります。

また、引っ越しの時期にも注意が必要で、4月・10月入社の場合、直前の3月・9月頃は良い物件が埋まりやすい状態です。

内定が出たら、できるだけ早く物件を押さえるようにしましょう。

Uターン転職で気をつけるべき点

ここでは、Uターン転職を成功させるために気をつけるべきポイントについて紹介します。可能な限り準備段階から、意思を固めておくことが大切です。

スケジュール調整はしっかり管理する

入社までの面接や説明会などに際し、複数回帰省が必要になる場合もあります。企業には都心からのUターン転職であることを伝え、電話やオンライン面談などでの対応が可能かなども確認してみましょう。

現職に対してもできるだけ配慮し、有給申請や引き継ぎ準備なども早めに行う必要があります。

志望動機は明確にしておく

Uターン転職を成功させるために重要になるのは「志望動機」です。地元に戻りたいという漠然とした感覚ではなく、地元への貢献やどのようなことを成し遂げたいと考えているのかなど、明確なビジョンを持ちましょう。

企業にとって好印象になるだけでなく、地元で働く際の自分のモチベーションにも繋がるポイントでもあります。

Uターン転職でやりがいのある求人を探すのであれば、Workinの活用がおすすめです。

こだわり検索の機能を使えば、地元の求人を自分の希望条件で絞って探すことができます。「Uターン歓迎」や「入社日応相談」など、都市部からの転職に配慮している企業も多く見つけられます。

働きながら忙しい中で転職先を探す際など、時間短縮にも役立ちます。また、お仕事探しマニュアルでは、転職に役立つ情報も随時更新しています。

ぜひ、Uターン転職での仕事探しの一助に「Workin」をお役立てください。

まとめ

Uターン転職は、都市部と比較して給与が下がる可能性はあるものの、地元に貢献できるやりがいのある働き方のひとつです。

条件の良い求人を見逃さないためにも、Workinを活用して、こまめに情報収集を行ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS