人仕事通信
Workin.jp >  >  >  【Iターン就職】この会社で働きたい!福井移住を決めた今までとこれから

【Iターン就職】この会社で働きたい!福井移住を決めた今までとこれから

福井に本社を置く「オールコネクト」の強みは、すべて自社のリソースで完結できる「ONE STOP+IN HOUSE 」です。

市場を見極め、WEB制作やシステムの構築を行い、サービスと人を繋げるビジネスを展開されています。各プロセスを管理し、高速でPDCAを回すことで、常に成長し続けています。

そんな同社で働く方々にインタビューするシリーズの第2回目は、採用戦略2課 新卒採用チームの増井奎介(ますい・けいすけ)さんの登場です。増井さんは愛知出身で、同社にIターンで新卒入社されました。その経緯や今後の展望についてのお話を伺いました!

第1回目のUターン転職インタビュー記事はこちらからご覧いただけます!

2年留年したけど念願のオールコネクトに入社

編集部

増井さんが就職活動されていた当時のお話をお伺いさせて下さい。

増井さん

大学3年生までは普通でした。卒論を提出し、就活をし、卒業するんだな、と自分でも思っていました。ですが、卒論を書いている場合ではない程に旅行したヨーロッパが素晴らしかったのです。結局卒論は提出せず、留年が決定しました。

編集部

そうなんですね!では、オールコネクトとの出会いはいつだったのでしょうか?

増井さん

留年が確定し、就活していた際に参加したイベントです。直感でここだ!と感じまして、ありがたいことに内定をいただきました。ですが、何と2回目の留年をしまして。
留年と謝罪の連絡をした際、またご縁があれば…という展開を予想していたのですが、何と卒業まで待ってくれるとの返答をいただき、入社することが出来ました。

編集部

志望度が高い会社に内定を頂いたにも関わらず、2回目の留年が確定した際はどう思いましたか?

増井さん

今だから言えますけど、またオルコネを受けようと楽観的に考えていました。卒業までの半年間、採用選考に受かる人材になり、何とかして入社しようと考えていました。それくらい志望度が高かったにも関わらず、留年してしまった事は今でも大変申し訳なかったなと思います。

編集部

入りたいと思った会社に入社を待ってもらえるのはありがたいことですよね。きっと当時の人事担当者様も増井さんと同じくご縁を抱かれていたからこそのオファーなのだろうなとお話をお伺いしていて感じました。

増井さん

本当にそうですよね。自分が納得したかたちで内定を頂けたことは、とてもありがたいことです。

常に成長出来る環境で、仕事に誰と取り組むかというこだわりを持っていた

編集部

最終的に、この会社に入社しよう!と思われたきっかけがあれば教えていただけますか?

増井さん

面接をして頂いた人事担当者(入社後に上長となる方)に出会ったことです。新卒採用の人事って就活生から見ると、最初の窓口であり、会社の印象を決める重要なポジションじゃないですか。まずその方がきっかけで会社に興味を持ちました。
また、自身の会社選びの条件として、常に成長し続けることの出来る環境である、ということを非常に重視していました。当時の人事担当者の方に出会い、お話を伺っていくうちに成長出来る環境であると確信しました。

編集部

その人事担当者様のインパクトが非常に強かったのですね。

増井さん

そうですね。「成長と人」をキーワードにしていたこともありましたし、自身の性格的に、好きな仕事を嫌いな人とは出来ないけど、嫌いな仕事を好きな人と行う仕事は出来るかな、と思っていました。
どんな好きなことでも、チームとして仕事を進めていく上で、その人との関係性や目標設定にズレが出てくることもあると思うんです。そうすると、モチベーションに繋がらなくなってしまうなと考えていました。

編集部

「こと」より「ひと」を重視されていたのですね。

増井さん

やりたい事よりも、目の前の仕事にだれと取り組むか、という事にこだわりを持っていました。成長意欲、柔軟さ、好奇心旺盛といったパーソナリティを持っている人が多そうな会社だな、と面接を通じて感じることが出来たので、入社を決意しました。

自分の歩む道を決めてから、住む土地は後から付いてくる

編集部

とても印象深いエピソードをありがとうございます。入社前からモチベーションが高い状態だったということは、Iターンで就職することに迷いや不安はありませんでしたか?

増井さん

何とかなるという考えがあったので、特になかったですね。僕は愛知県出身なのですが、兵庫県の大学に通っていました。まず自分の歩む道を決めてから、住む土地は後から付いてくるということを学生時代に実感していたからかもしれません。
また、その土地の文化や風習は、仕事を楽しみながら生活として吸収していくのかなと思っています。
エンタメはもちろん主要都市に固まっていますけども、今の時代、住むには日本国内どこも困らないと思っています。

編集部

そもそも福井に来たことはありましたか?

増井さん

小さい頃に一度来ていたようです。恐竜博物館に行った時にそういえば来た事があるぞ、と思い出しました。ですので、福井県にはほとんど縁もゆかりもない状態でした。
不思議と不安がなかったのは、会社のサポートがあったからこそだと思います。当時の上司や先輩が内定者時代からケアしてくれました。同じくIターン入社の同期もいましたので、入社時からとても楽しく生活出来ていました。

課題に対する解決策や道筋を一緒に考えるお手伝いを出来ることが嬉しい

編集部

ご自身のご経験を活かせる新卒採用に配属とはこれまたご縁を感じますね。

増井さん

そうですね。あとは、会社としての目的を果たせる時や困難なことに挑戦する時に面白さを感じますね。以前大きなプレゼンを控えていた際に、難しいなと感じることがありました。上司からの提案を元に解決策を組み立て、突破の糸口が見えてきた瞬間の楽しさは忘れられません。
答えがないので不安になることもありますが、新たな挑戦をする際に感じられるワクワク感がとても心地よいです。

正解が一つではないからこそ難しい。そして面白い

編集部

この仕事は大変だったな、というエピソードはありますか?

増井さん

ハワイインターンシップの運営を任された時ですね。夏から始動し、3次に渡る長期選考型インターンシップなのですが、通過した学生はハワイでのインターンに進めます。
いわゆる職業体験型インターンではなく、自己向上系のインターンですので、こちらは成長できる環境をご用意し、その中でいかに自分を高めてもらえるかを目的としたインターンです。
いかにマインドの成長が大事か、今この瞬間をどう過ごすかを考えてもらうことが主旨なので、正解が1つではないんです。
どのように運営をしていくかとても悩みました。また、忙しい中参加してくれる学生さん達にどう価値を感じてもらうか、そのためにはどうすればいいかを毎日考えていました。
結果的には成功したので、今となっては大変だったというより楽しかったなという方が強いですね。

編集部

一言で表すと、オールコネクトはどのような会社ですか?

増井さん

「柔軟」です。多様な働き方を提供する会社として、十人十色で自分が心地よい働き方が出来る環境だと思います。
進化や向上といったマインドを持っている人もいるし、安定を求めて働いている人もいます。これからも一人一人に柔軟に寄り添える環境作りをしてくれると思います。

編集部

外国人採用もご担当されていると伺いました。詳しくお聞かせいただけますか?

増井さん

今まで国籍にこだわった採用をしたことがないので、これまで色んな国籍の方が入社された実績があります。現在も様々な部署で外国人社員が勤務しています。
昨年ご縁があり、日本で働きたい外国人学生と出会えるイベントに参加しました。お話を伺うと非常に積極的で、熱意を感じました。
日本語や英語の能力はもちろん、他者に伝わりやすく自己を伝える力に圧倒されました。
そのイベントで出会った学生さんが弊社の選考に進んで下さり、来年9月から入社予定です。

取材担当者より

留年しても大学卒業するまで入社を待ってくれて、「その経験を生かせ」と新卒採用ポジションへの配属、そして現在「仕事が楽しくで仕方ない!」という増井さん。非常にユニークなお話を聞かせていただきました。

ご自身が高い成長意欲と柔軟さ、好奇心旺盛というパーソナリティをお持ちだからこそ、オールコネクトの環境がピッタリなんだと、取材させていただき納得出来ました。

自分に合う会社が分からない方や、Iターン就職をご検討されている方は是非一度読んでいただきたいインタビューです。ご協力ありがとうございました!

オールコネクトは、「社会をにぎやかに!」を企業理念とされる福井県が本社の企業です。
実力のある人材を積極的に採用し、地域の雇用促進に貢献されています。

次回は、「Uターン入社とリモートワークで新しい働き方をされている浜野さん」のインタビューです。お楽しみに!

ご協力、ありがとうございました!
株式会社オールコネクト(from 福井県福井市) 採用戦略2課 新卒採用チーム 増井 奎介 さん https://www.all-connect.jp/
カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS