「バイトがどんどん辞めていく…」そんな状態から脱却するための方法とは

バイトを雇用して人材確保ができたと思ったのも束の間。すぐにバイトが辞めてしまい、次のバイトを探さなければならないとお困りの経営者も多いのではないでしょうか。なぜバイトが次々に辞めていくのか、原因と対策についてこの記事では解説します。

バイトが辞めていく原因4つ

バイトが次々と辞めてしまうのは、会社の環境などが関係していることも多いです。バイトが辞めてしまう原因のなかでも多い理由を4つ取り上げます。

1.職場の人間関係を苦痛に感じたから

バイトが続かない原因のひとつは、職場の人間関係です。従業員同士の仲が悪いと雰囲気が悪くなり、居心地が良くないと感じてバイトは辞めてしまいます。

店長や上司がバイトのミスに対して、必要以上に怒るなど理不尽な態度も良くありません。ミスのたびに怒鳴り散らすなど指導が過剰で、かつ頻繁に同じようなことがあると心がついていかずバイトが仕事を離れる結果となってしまいます。

反対に、従業員同士の仲が良くても、内気な人の場合は自分から話しかけるきっかけがつかめず、輪に入りにくいために辞める人もいるようです。

2.時給が低いから

バイトが仕事を選ぶうえで重視している部分に、時給があります。表面上時給が良さそうに見えても、実際に働いてみて、働きのわりに時給が低いと感じると割に合わないと辞めてしまう人も多いです。

やりがいがありそうだと思って始めた仕事も、業務に対して時給が低いとモチベーションも下がってしまいます。

3.思っていた仕事と違ったから

思っていた仕事と違うということも、バイトが仕事を辞めてしまう原因です。ほとんどの人は求人サイトの情報を見たり聞いたり、あるいは面接で話を聞いたりして仕事をイメージし
ますが、イメージとかけ離れているとバイトを辞めたいと感じることもあります。

募集する側で説明が足りないだけで故意はなかったとしても、なかには騙されたと感じて辞める人もいるので、求人の内容には気を配る必要があるでしょう。

4.自分に合わない仕事内容であったから

店側からすると不足している業務をバイトで補いたいと考えますから、ときにバイトのしたい仕事と店側でやってもらいたい仕事にミスマッチが生じることがあります。

たとえば飲食店で、新しく採用したバイトはキッチンの仕事がしたいと思っていても、レジにばかり回されてしまうケースです。

いくら業種自体に興味はあっても、得意でないあるいは合わない仕事ばかりが回ってくると、やる気をなくしてしまいます。やる気がなくなるとミスも増え、結果上司から怒られて、さらにモチベーションが下がる悪循環に陥ってしまうでしょう。モチベーションが下がるとバイトを辞めたいと選択する人も出てきます。

面接でやる気のある人を見抜くコツ

バイトが仕事を辞める原因を見ると、職場の雰囲気など仕事をはじめてみないとわかりにくい部分もあります。一方で、ミスマッチなどは採用前の段階である程度解消することができる部分だといえるでしょう。

バイトが次々と辞めて経営に支障をきたさないためにも、面接で辞めそうかどうか、ある程度見極めることが大切です。この項では、面接時に意識したいふたつのポイントを紹介します。

志望理由が明確で丁寧

面接時には、志望理由にしっかり耳を傾けるよう意識しましょう。求職者も必ず聞かれる質問だとわかっている部分であり、だからこそやる気があるかどうか見抜けるポイントになります。

答え方次第で、本当に働きたいと思っているのか、あるいはこの職場で働きたいという意思は強いというわけではなく、難に用意したものなのか判断できるためです。答えられなかったり、自信がなさそうに暗記しただけのことを話したりする人はやる気度は低いと判断できるでしょう。

一方、話す言葉に気持ちがこもっており、自分の言葉で話そうとする人はやる気があると期待できます。

内容についてもポジティブなものか確認することをおすすめします。消去法でバイト先を選択したようなネガティブな回答だと、バイトが続かない可能性は高いです。

志望理由の良い例(ポジティブ):
「バイトを通して~という力が身につくと感じたので志望しました。」
「~という私の長所を生かせると考えたためです。」

志望理由の悪い例(ネガティブ):
「楽そうで、仕事が少なそうだと思ったからです。」

「採用されたい」という誠意のある対応

本当に採用されたいと、この仕事しかないと考えているなら、面接時の態度にも表れるはずです。面接をする際は、誠意のある対応ができているかもチェックしましょう。

たとえば清潔感のある服装で面接に来たか、質問に対して目を見てはきはきと回答したか、足を組んだり貧乏ゆすりをしたりなどしていなかったか、そわそわ落ち着かない様子はなかったかなどが判断材料になります。

バイトが辞めないための対策法

面接では先に説明したようにやる気のある人をふるいにかけることはできますが、バイトが仕事を辞めてしまう原因はやる気の問題だけではありません。人間関係やミスマッチなど職場の環境も関係しています。

バイトが次々に辞めていくのを止めるには、職場環境を見直すなど必要な対策を行うことも重要です。この項では、バイトが辞めないためにできる4つの対策を紹介します。

コミュニケーションをしっかり取る

バイトが辞めないようにするためには、職場の人間関係を良くすることがひとつです。人間関係を良好に保つためには、普段から話す習慣をつけるようにしましょう。バイトが疎外感を感じないように、上司や店長から積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

普段からコミュニケーションが取れていれば、バイトも上司や店長に相談しやすく、ミスも減らすことができます。バイト側から見て、話しやすい上司、店長だと思ってもらえることが大事です。

教育を惜しまない

時給を払っているのだから、バイトを雇ったらすぐにでも現場で仕事をしてほしいと感じることもあるかもしれません。しかし、初日からバイトに仕事をさせようとするのは、バイトの不安をあおるだけです。

バイトの不安を軽減させるためにも、しっかり時間をかけて仕事や職場のルールを教えていくことが大切です。時間をかけて教育すれば、バイトも職場にそれだけ早くなじむことができ、仕事のミスも減らせるでしょう。

求人の内容を見直す

募集している求人を見直すのも、ミスマッチを防ぎ、バイトの離職を防ぐのに有効です。具体的に、以下のような点を見直してみましょう。

■時給の見直しを図る

業務に合った時給に変更します。難しい場合は、「~という知識が身につく」など求職者にとってプラスになる情報を載せるようにしましょう。

■具体的に仕事内容を書く

仕事内容を具体的にすれば、思っていた仕事と違ったというミスマッチを防げます。

■働くイメージが持てるようにする

職場の写真、実際に働いている人のインタビューなどを載せると、どのような職場かを求職者がイメージしやすくなり、ミスマッチを防げるでしょう。

求人媒体を見直す

求人媒体自体を見直すのも方法のひとつです。求人媒体にもさまざまな特徴があり、年齢層などが偏っていることもあります。結果、同じような媒体を使用し続けると似たような人しか来ないといったことにもなりかねません。

適した求人媒体をお探しなら、都心だけでなく地方の求人にも特化したWorkinを利用されてはいかがでしょう。サイトを利用している年齢層も幅広いため、効果的に募集をかけることもできます。

まとめ

バイトが辞めていくのには、職場や求人内容に原因があることも多いです。まずはなぜバイトが辞めていくのか原因を特定して、原因からバイトが辞めないように対策をしていきましょう。