バイトが定着しない原因と効果的な解決法を伝授

採用したものの、なかなかバイトが定着してくれないとお困りではないでしょうか。すぐにバイトが辞めてしまっては、計画的にシフトを組むことも難しくなります。この記事では、バイトが定着しない原因と対策について見ていきましょう。

バイトが定着しない職場の原因

バイトが定着しない原因のひとつとして考えられるのが、職場環境です。どのような職場環境だとバイトが辞めたくなってしまうのか、3つの原因を説明します。

職場の雰囲気が悪い

長期でバイトしたいと考える人も多いです。そうした層は特に職場の人間関係の良さなどを重視する傾向にあるため、職場の雰囲気が悪いと大きなマイナスポイントになります。バイトに行きたくないと思う原因にもなりかねません。

たとえギスギスした雰囲気でなかったとしても、上司や社員、ほかのバイトとのコミュニケーションが不足している職場では不安に思うバイトもいます。

シフトの融通が利かない

学生だと学業に合わせて、主婦だと家庭の用事に合わせて仕事をしたいと考える人がほとんどです。そのため、ある程度柔軟にシフトを組んでくれるような職場でないと難しいと思ってしまいます。本来の目的である学業や家庭との両立ができなくなってしまうためです。

シフトの融通があまり利かず、働く時間の相談にも応じてもらえない職場だと、辞めたいと感じる人が出てきます。

求人内容と実際のミスマッチ

求人の内容と実際が違っていたと、ミスマッチでバイトを辞める人もいます。原因の多くは、実際に仕事がはじまる前の説明不足です。

特に、求職者がバイトを取捨選択する場合に参考にする求人内容が充実していなかったり、誤解を与えるような内容であったりすると、採用後にミスマッチが起こることがあります。

大きなミスマッチでなかったとしても、忙しい場合は残業をお願いする可能性がある、時給はそれなりだが任せる仕事量が多いなど細かな部分にも要注意です。丁寧に条件が書かれていなかったことによって、少しのミスマッチでもバイトを辞めてしまう人はいます。

バイトが続かない人の特徴

職場環境ではなく、バイトをする本人がもともとバイトを続けられない特徴を持ち合わせているケースもあります。たとえば、ミスが多かったり、職場になじむのが苦手であったりなどの特徴がある人は、バイトを続けられない人であることが多いです。

職場になじめない人

職場になかなかなじめない人はバイトを離れてしまいます。バイト先の人に話しかけるのが苦手で人間関係がうまく築けなかったり、同じような職種の経験があってもやり方が違うためになじめなかったり、理由はさまざまです。職場になじめないとやる気も出てきません。

特に入ったばかりのバイトは仕事への期待もありつつ、不安もあるといった状態。バイトが職場になじむまで待つのではなく、こちらから職場になじめるように働きかけることが大切です。

積極的にバイトに話しかけたり、何か困ったことはないか尋ねたり、こちらからコミュニケーションを取るように意識することで、職場になじむのが苦手なバイトの定着率は上げられます。

ミスが多い人

ミスが多い人もバイトの定着率が悪いです。それは、ミスによって注意されることが増えてやる気がなくなってしまったり、自分のミスが周囲に迷惑をかけていると過度に不安になったりするためでしょう。本人にやる気はあっても、思うように仕事ができないと辞めたいと思ってしまいます。

職場では、バイトがミスをしたときのフォローアップはしっかりできているでしょうか。

研修を行うなどバイトの教育に時間をかけたり、ミスに対して怒るのではなく「次はこうしたら良い」とフィードバックを意識したりすることで、ミスの多い人にも自信を持たせ、職場への定着率を上げることができます。

ミスをする本人が悪いと考えずに、教育体制やフォロー体制など、職場の雰囲気や教育体制を整えることも大切です。

バイトを定着させるための解決法

バイトがなかなか定着しない原因からもわかるように、人間関係や周りとのコミュニケーション、適切な指導が、バイトを定着させるには大切だとわかります。この点を押さえたうえで、バイトを定着させるための対策を考えてみましょう。ここでは3つの対策を紹介します。

人間関係の改善

人間関係に不安が残る職場ではバイトが定着しません。職場の風通しが良くないなら、早急に改善していく必要があるでしょう。

しかし、社内の雰囲気を良くするといっても急激に変わるものではありません。まずは上に立つ人の意識改革をしていく必要があります。

上司が気分屋で周りにあたるような人物では尊敬されませんので、まずは職場環境を確認し、必要であれば上に立つ人の意識改革、教育の見直しを図ることが大切です。

コミュニケーションが十分に取れていない問題があるなら、気軽にコミュニケーションを取れるような環境に変えていきましょう。

仕事中の適度な会話、仕事中が難しければ休憩中の雑談など、積極的にバイトに話しかけて職場になじめるようにすることで、バイトも店長や社員に意見したり、相談したりしやすくなります。密なコミュニケーションを心がけることが大切です。

人材教育、新人教育を惜しまない

忙しいことを理由に、初日からバイトを放置したり、何もわからない状況で現場に立たせたりしないようにしましょう。「仕事は見て覚えるもの」というスタンスだと、「誰も仕事を教えてくれない」「やる気が出ない」とバイトの不安ばかりが募ってしまいます。

バイトを定着させたいのなら、新人教育を惜しまないことです。直接上司が指導することが難しければ、バイトと年齢が近いなど、相談のしやすい社員などをメンターにつけて教育する方法もあります。

しっかり教育をし、正しく評価することは、バイトのモチベーションアップにつながるだけでなく、長く働いてもらうのに重要なことです。

労働のイメージができる求人内容で募集する

実際の職場とのミスマッチもバイトが定着しない原因と説明しました。ミスマッチとならないためにも、求人内容を見直すことも重要です。職場の風とおしを良くする取り組みやバイトのモチベーションが上がる取り組みがあれば、一緒に掲載するのも良いでしょう。

求人だけでは説明できない細かな内容やバイトが不満に感じやすい部分については、面接段階で不安を払しょくさせておきます。一方的に説明するのではなく、何か不安に思っている部分はないか聞いてみるのも良いでしょう。

しっかり説明しておくことで、バイトに入ってからのギャップが生まれにくくなり、定着率の上昇につながります。

求人を掲載するなら、地方の求人掲載にも強いWorkinがおすすめです。こだわり検索ができるため、求人情報をしっかり整理すればマッチングの高い採用につながります。

また、求人掲載だけでなくWorkinでは採用に便利な情報を配信していますので、情報収集にもぜひお役立てください。

まとめ

バイトが定着しない原因の多くは、職場環境によるものです。この記事で紹介した原因を参考にしながら、どこを改善していけば良いか確認し、バイト定着のための必要な対策をしていきましょう。