「バイト応募者が来ない…」原因と対策をわかりやすく解説

「募集をかけてもバイト応募者が来ない…。」とお悩みではないですか。応募者が集まらないのは、時給などの待遇面ばかりが原因ではありません。

なぜ思うようにバイト応募者が来ないのでしょうか。この記事では、応募が集まらない原因と応募が来ないときに見直したいポイントについて説明します。

バイトの応募者が来ない原因

バイトの応募が来ないのには原因があります。ここでは考えられる主な原因を取り上げますので、自分のところとはどうか比較してみてください。

同種の他社と比べて条件が劣っている

バイトの募集自体が少ない業種もありますが、バイトの応募が来ないとお困りなら、その多くが同業他社でも頻繁に募集がされているような業種になるでしょう。

そうすると、求職者は選択肢がありますから、応募前に同じ業種の募集要項を何件も見て比較することができます。人によってバイトの決め手は異なりますが、同じ仕事ならできるだけ条件の良いところにしたいと思うのは当然のことでしょう。

よって、同業他社の求人と比較したときに賃金が少なかったり、休みが不定期で少なかったり、福利厚生が劣っていたりすると、求人に応募したいと思う人は少なくなってしまいます。

仕事内容の情報が少ない

求人情報のなかでも一番見られているのは「仕事内容」だといいます。具体的にどのような仕事をするのか、バイト応募者にとって関心の高い部分だからです。

そのため、仕事内容の部分がシンプルすぎると、働いたときのイメージがしづらく不安になる人も出てきます。仕事内容の記載事項が薄いと魅力的には感じられないため、条件がある程度良かったとしてもしっかり見てもらえない求人になってしまいます。

情報が少ないだけでなく、曖昧な情報を載せている場合も注意が必要です。具体的な数字や根拠もなしに良いことばかりが並べてあると、応募者は不信感を抱くでしょう。

応募者に対して高度なスキルを求めすぎている

高いスキルを持つ人は即戦力になりますから、ぜひとも来てもらいたいものです。しかし、あまりに高いスキルを求めてしまうと、敬遠されることもあります。

高度な資格や経験を〇年以上などと記載している求人は要注意です。資格や経験が絶対条件ではなく優遇といった記載であっても、自分には無理だとはじめから諦めてしまう人も出てきます。

結局、求めるスキルや経験を持っていて、なおかつ求人に興味を持つ人、応募したいと思う人にしかヒットしません。結果、応募したいと考える人数はかなり絞られてしまいます。

バイトの応募が来ないまま求人を繰り返しているとどうなる?

バイトの応募が来ない原因について説明しましたが、何の対策も打たないまま応募を待ち続けるのはリスクでしかありません。同じような求人掲載を続けているとやがて困った状況になります。

人手不足に陥る

バイトが辞めても代えがきくように求人を出しているところも、バイトの応募が来ない状況が続くと、人が辞めても新しいバイトが入らないサイクルができあがってしまいます。そうなると、慢性的な人手不足は避けられなくなっていくでしょう。

人手不足が続くと、今いる社員、あるいはバイトで回すしかなくなり、結果、バイトにまで無理な出勤や残業をさせてしまうことになります。意図しなくても、職場がブラックと化していくのです。

労働がきついと今いるバイトも職を離れてしまうことになりかねず、さらなる人手不足を招いてしまいます。

悪評が広まる恐れも

たとえ故意でなくても、人手不足が続きバイトに無理をさせると、悪評として広まる可能性もあります。SNSが発達した現代では、「入る前は週2の出勤でいいといわれたのに、週5入ってほしいといわれた」など情報が拡散する可能性もゼロではありません。

悪いイメージが広がると、イメージを回復させるのに困難を要します。労働環境の良くない印象が拡散すると、さらにバイトの応募は来なくなってしまうでしょう。人材不足で悪いイメージがつかないためにも、早めに対策をとることが大切です。

バイトの応募者が来ないときの対策法

バイトの応募が来ないとお困りなら、今すぐ対策していきましょう。ここでは、4つの対策を紹介します。

条件を変更する

他社と比較して見劣りするなら、給与面や休日、福利厚生の見直しを図ります。しかし、条件を変更するといっても、経営面の問題などで難しい部分もあり、コストのかさむ給与や福利厚生の見直しは困難なケースもあるでしょう。

この場合は、無理に条件を変更せず、別の視点から求職者にアプローチする方法を考えます。たとえば、「シフト相談可」や「週3勤務OK」などの文言を足してあげることです。

思いつかなければ、働くことでどんなメリットがあるか、「~という知識が身につく」「~という経験が役立つ」といったことを書き足しましょう。急激に条件を変更しなくても、応募者にとってのメリットがすぐに分かれば応募状況が改善される可能性があります。

求人情報を見直す

企業目線で求人情報を作成するのは仕方のないことですが、企業が人材を選ぶように、求職者も働く企業を取捨選択しています。人材に何でも求めてしまうようなハードルの高い求人、求職者の心に刺さらない求人は選ばれないでしょう。

だからといって、情報を何でも求人に詰め込めば良いわけではありません。大切なのは、欲しい人材のターゲット層を明確にすることです。

バイトで欲しい人材は学生なのか主婦なのか、あるいはまた違った属性の人材なのか。ターゲットが変わればアプローチのしかたも変わってくるはずです。

たとえば、学生なら「テスト期間中の休みはOK」など勉強との両立を訴える内容、主婦層なら「1日2時間からの時短勤務OK」など家庭との両立を訴えるような内容が響くのではないでしょうか。

職場の雰囲気を伝える

写真を多めに掲載するようにすると、職場の雰囲気が求職者に伝わりやすくなります。企業側でアピールしたい部分が良くわかるような写真を選ぶようにしましょう。

社員やバイトの写真も載せると、どういった年齢層の人が多く働いているのか分かりやすく、求職者にとっては採用後のイメージもしやすいです。

合わせて、バイトの大まかなシフト例も載せておくと良いでしょう。どのような勤務形態か、実際に働いたときのイメージがしやすく応募したいと思ってもらえるはずです。

求人媒体を見直す

求人媒体は何を使っても同じというわけではありません。対策を行っても改善されない場合は、今まで利用していた求人媒体が合っていないことも考えられます。求める人材にしっかりアプローチできる媒体か見直してみましょう。

求人媒体を変えるなら、Workinがおすすめ。Workinなら、都心部だけでなく、地方にも特化しているため、地方で求人を出したい際も活用できます。また、幅広い年齢層にアプローチできるのもWorkinの特徴です。

まとめ

バイトで応募が来ない原因はさまざまですが、求人媒体が適切でないことが原因であることも多いです。求人媒体を見直すなら、Workinをご活用ください。