人仕事通信
Workin.jp >  >  >  Uターン就職のメリットはなに?デメリットも一緒に考えよう

Uターン就職のメリットはなに?デメリットも一緒に考えよう

新卒で就職する方の選択肢として、珍しくなくなりつつあるUターン就職。地方の魅力や地方創生が話題となっている近年、Uターン就職を選択肢として検討する方も以前より増えています。地元に愛着を持っている方であれば、大学入学時からUターン就職を視野に入れていたという方も少なくないのかもしれません。

そんなUターン就職ですが、そのメリットはどのようなところにあるのでしょうか。今回は、Uターン就職のメリットについてわかりやすくまとめました。デメリットについてもあわせてご説明していますので、Uターン就職が気になっている方、Uターン就職を選択肢として考えたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Uターン就職のメリットとは

Uターン就職とは、生まれ育った地方を離れて都会で進学し、その後また地方へ戻って就職することを言います。就職する際にUターンを選ぶメリットはどのようなところにあるのでしょうか。具体的に見てみましょう。

地元に貢献することができる

Uターン就職で地元に戻る場合、就職先として地元企業が選ばれることが多いです。地元企業に就職すれば、企業の力になれることはもちろん、その地域の生産や消費にも関わることができます。

地元の自治体としても、若い世代の人口が増えることによって地元に活気が出る、納税額が増えるなどの点でプラスになります。Uターン就職で地元に戻ることのメリットのひとつは、その地域の経済活性化に役立つことができるという点にあるのです。

実際に、Uターン就職で地元に戻る人の中には、「地元に貢献したい」「生まれた自治体に恩返しがしたい」などの理由をあげている人が少なくありません。

家族の元で暮らすことができる

Uターン就職をするということは、実家の近くに戻れるということです。一緒には暮らさなくても、近くで生活することができれば、万が一何かあったときもすぐに駆けつけることができます。

就職したばかりのときにはあまり想像がしにくいかもしれませんが、社会人として生活をしていると、ライフステージの変化が訪れます。その点を考えても、Uターン就職は理にかなった選択肢と言えます。

たとえば、将来的に結婚して子どもを持つことを視野に入れると、家族が近くにいると育児を手伝ってもらうことができる、心強い環境を得られるでしょう。

また、親も徐々に年齢を重ねていきますので、病気をしたり介護が必要になったりする可能性も考えられます。そのような場合、都会にいたままだと介護のために退職しなければならないかもしれませんが、Uターン就職で地元に戻っていれば、そのような心配も少なくなります。

Uターン就職をして家族の近くで生活するということは、将来的にも安心できる選択肢と言えそうです。

過ごしやすい環境

地方へ戻ると過ごしやすい環境が得られることも、Uターン就職のメリットと言えるでしょう。都会と比べて地方は人が少ない、自然豊かな環境があるなど、落ち着いた環境が整っています。都会の雰囲気が苦手という方には特に、Uターン就職は大きなメリットのある選択肢です。

満員電車を避けたくてUターン就職を考えるという方も、中にはいます。都会で就職すると、生活の場は比較的暮らしやすい郊外を選ぶ場合が多いです。その場合、郊外からの通勤だと1時間半〜2時間以上かかることも珍しくなく、通勤時間は満員電車に乗らなくてはなりません。

しかし地方だと、都会ほどの満員電車に乗る必要はなく、通勤時間も短くて済むことが多いです。地域や企業によっては、マイカー通勤が可能な場合もあります。通勤のしやすさだけを取っても、Uターン就職を選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

Uターン就職はメリットだけではない

Uターン就職についてメリットをいくつかご紹介しましたが、そればかりではありません。Uターン就職にはデメリットもあります。どのような点がデメリットとなってしまうのか、よくデメリットとしてあげられる2点について、ご説明していきましょう。

働ける場所が限られる

Uターン就職についてあげられるデメリットのひとつは、働ける場所が限られてしまうことです。都会は求人が豊富なのに対して、地方は数が少なくなります。業種や職種などが限られてしまい、希望する仕事に就けない可能性もあります。

地元に戻るのであれば、そのような情報は承知している場合もあるかもしれませんが、働きたい職種や業種がはっきりしている人は注意した方が良いでしょう。

就職先を探すときは、地方に特化した求人サイトであるWorkin を活用してみてください。こだわり検索などで条件にこだわって検索することができるので、希望する求人が見つけやすいことが特徴です。

年収が低い

Uターン就職であげられることが多いもうひとつのデメリットは、年収が低くなってしまうことです。地方は物価が安く、最低時給も都会に比べて低いので、社会人としての年収も都会より低くなる傾向にあります。

もちろん、業種や職種、企業の規模や業績などによっては例外もあります。しかし、全体的な傾向として年収は都会よりも低いものであると思っておいた方が良いでしょう。

ただし、地方は生活に必要なコストも都会に比べて低く済みます。都会に住んでいると、物価や住宅費などが高いため、いくら収入があっても支出額が大きくなることがあります。そのため、トータルの収支で見れば、経済面では体感としてあまり変わりがないと思っている人も少なくはないです。

まとめ

地方から都会へ出てきた人であれば、Uターン就職を考えたい、地元に戻りたいという思いを持った人は少なくないでしょう。住み慣れた場所へ戻れるUターン就職は、魅力的な選択肢であることは間違いありません。

しかし、就職後の社会人生活はとても長いものになります。メリットはもちろん、デメリットも念頭に置きながら就職先を検討することをおすすめします。どういった暮らしをしたいのか、どのような仕事をしていきたいのかなど、自身の人生を総合的に考えた上で、地元に戻る方が適している場合、Uターン就職は非常にメリットの大きな方法となります。

Uターン就職を考えている方は、今回ご紹介した情報も参考にしながら、じっくりとご自身の進路について考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS