人仕事通信
Workin.jp >  >  >  Uターン転職のきっかけを面接で上手く話し転職を成功させよう

Uターン転職のきっかけを面接で上手く話し転職を成功させよう

地方から都会へ就職し、また生まれ育った地方へ戻ってくることをUターン転職と言います。近年、ワークライフバランスを重要視する人が増えたこともあり、選択肢として珍しくなくなりつつあります。

いざUターン転職をするとき、採用面接でUターンをすることを決意したきっかけを聞かれることがあるかもしれません。個人的な事情がきっかけとなっていることもあるかもしれませんし、どううまく話したら良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、Uターン転職にいたったきっかけや、それをどう面接時に伝えるかについてまとめてみました。これからUターン転職をしようとしている方、まだ決めていないけれど選択肢として考えたいという方などはぜひ、参考にしてみてください。

Uターン転職のきっかけは人によってさまざま

地元へ戻って転職をするUターン転職を決めた方は、さまざまなきっかけでその選択に至っています。その中でも、よく聞かれるUターン転職のきっかけについてまとめてみました。

生活環境の見直し

Uターン転職のきっかけについて多く聞かれるのが、生活環境の見直しに関することです。都会と地方ではライフスタイルが大きく違うため、その人が重視するポイントによっては、地方の方がフィットする場合もあるでしょう。

具体的に見直したいポイントとしては、そもそも都会での生活が合わないため、自分にあった環境で生活をしたいという希望が挙げられます。都会の満員電車や、夜もにぎやかで明るい雰囲気、どこに行っても混雑していることなど、都会は独特な雰囲気です。ゆっくりと過ごしたい人や自分のペースで過ごしたい人にとって、このような街の雰囲気の中で生活するのは大変なことかもしれません。

都会での生活が原因で、体調を崩してしまったという方も中にはいます。今後無理のある働き方や生活はしたくないから、地元へ戻るという方も少なくはないでしょう。

子供ができたことをきっかけにUターン転職を考える人もいます。自然の中でのびのびと育てたい、育児のサポートを受けるために実家の近くで暮らしたい、などの希望がきっかけです。地方は、移住・定住促進のために子育て支援を手厚くしている自治体も多く、住む場所によっては、都会よりも充実した環境で育児が可能となるのも魅力です。

金銭面も、大きなきっかけとなることがあります。地方は物価が安く、都会よりも生活コストを安く抑えることができます。限られた収入であっても、満足した暮らしができることが地方の魅力でもあります。

キャリアチェンジ

都会で十分なスキルと知識を身につけたから、キャリアチェンジのためにこのタイミングでUターン転職をする、という話もよく聞きます。これまで得たものを生まれ育った土地で活かしたい、という前向きな希望によるものです。中には、新卒で就職するときから、ある程度学んだら地元へ戻ってくると決めていたという人もいます。

近年では、地元企業だけでなく、大手企業が地方で人材を募集することも珍しくなくなりました。求人の選択肢が増えたことも、Uターン転職をする人が増えている理由なのかもしれません。

家庭の事情

自分1人の理由ではなく、家庭の事情を考慮してUターン転職をする人も少なくありません。ある程度の年齢になって親と同居することを選んだり、結婚を機に実家の近くに住んだりする人もいます。中には、地元に家を建てるから、という話も聞きます。

地元から離れて都会で暮らしていると、親や家族に何かあったときにすぐに駆けつけることができません。今後のことを考慮して、できるうちにUターン転職をしておこうと考える人も多いようです。

Uターン転職のきっかけを面接でどう話すか

Uターン転職をするに至ったきっかけは、人によってさまざまであることがわかりました。では、採用面接で尋ねられた際は、どのように話せば良いのでしょうか。ここからは、面接時の具体的なポイントについてお話ししていきましょう。

まずUターンのきっかけを話す

都会で就職して経験を積んでいたのに、なぜこのタイミングで地方へ就職しようとしているのかは、必ず聞かれると思っておいて良いでしょう。ずっとその土地に住むつもりなのか、また都会に戻ってしまうのかなどは面接官にとって気になる点でもあります。そのような質問をされたら、素直にUターン転職しようと思ったきっかけを面接官に話しましょう。

あくまでここで答えることは、面接を受ける企業の志望理由ではなく、Uターン転職を決断するに至ったきっかけです。これは面接で重要となるポイントではありませんので、あまり熱を込めて話さず、軽く概要を伝える程度にしましょう。

なぜこの企業が良いのか話す

採用面接の際に重要となるポイントは、なぜその企業を志望しているのか、その理由を伝えることです。Uターン転職をしようと思ったきっかけが志望理由になってしまうと、その地方にある企業ならどこでも良いのではないかと思われてしまうかもしれません。

面接官が知りたいことは、その企業を選んだ志望理由です。地元企業にとって、Uターン転職の人材を採用することには大きなメリットがあります。都会の企業で得たスキルを活かして今までになかったものを取り入れることができたり、長く企業で働いてくれることが期待できたりなど、さまざまなメリットを期待していることでしょう。

面接官の立場に立って、どのようなことを聞きたいのか、どんな人材を求めているのかなどを考えて話をするようにしましょう。

Uターン転職をするための求人を探すなら、Workinがおすすめです。地方の求人が多く掲載されているだけでなく、詳細な条件を絞ることができる「こだわり検索」で、より希望に沿った求人を探すことができます。

まとめ

Uターン転職に至ったきっかけは人それぞれであったとしても、生まれ育った地元へ戻りたいという気持ちは皆同じです。地元への想いを大切にしつつ、自分のスキルや知識が活かせるような、自分の希望にあった転職先を探しましょう。

希望する土地で、希望する仕事に就くことができれば、生活に対する満足度も上がります。Uターン転職を希望している方は、今回ご紹介した情報も参考にして、うまく面接を乗り切れる準備をしていきましょう。

カテゴリ一覧
タグ一覧
最新の記事
人気の記事
公式SNS