採用活動の悩みを解決するTalentClip(タレントクリップ)3つのメリット

「欲しい人材の応募が少ない」「内定が決まっても次々に辞退してしまう」など、採用活動がうまくいかないことに頭を悩ませてはいませんか。採用活動のさまざまな悩みを解決したいなら、TalentClip(タレントクリップ)の利用がおすすめです。

この記事では、採用活動でのよくある悩みを取り上げ、TalentClipならどのようにして悩みを解決できるのか紹介します。

採用活動のよくある悩み

採用活動では、以下のような悩みがよく聞かれます。

・応募が集まらない
・応募者の自社への理解が足りていない
・辞退者が多い
・ミスマッチが起こる

なぜ、このように採用活動はうまくいかないのでしょうか。理由はさまざまですが、原因のひとつとして、採用ホームページの問題が挙げられます。

求職者が求めている情報がなく分かりづらいなど、求職者にとって親切でない採用ホームページが採用活動の妨げになることもあるのです。

つまり、採用ホームページを改善すれば、採用活動の諸問題も解決できる可能性があります。

採用ホームページの重要性

採用ホームページは、なぜ採用活動において重要なのでしょうか。以下の2つの点から、採用ホームページの重要性を説明します。

・応募者は企業の情報を求めている
・採用ホームページの充実度は応募者の質に関わってくる

応募者は企業の情報を求めている

今や、求人メディアなどを利用する求職者の8割以上が採用ホームページを訪問しているといいます。企業の情報を取得するために、採用ホームページを訪れる人が多いのです。

採用ホームページがないと、求職者は求人メディアや説明会など、限られた場所で情報を得るしかありません。

それでは、求職者は企業情報を集めて、何を知りたいと思っているのでしょうか。

以下は、大学生が就職活動中に知りたいと感じていた情報の上位3位です。

1位「具体的な仕事内容」
2位「勤務地」
3位「事業の安定性・将来性」
出典:「2020年卒学生の就職活動の実態に関する調査」(全国求人情報協会)

一方、大学生が知りたいにもかかわらず、集めることができなかった情報は以下のようになりました。ランキングは、知りたかった情報と、実際に知ることができた情報の差が大きい順です。

1位「将来の給与の見とおし」(21.0ポイント差)
2位「若手社員の仕事の様子」(18.5ポイント差)
3位「職場の人間関係・雰囲気」(16.9ポイント差)
出典:「2020年卒学生の就職活動の実態に関する調査」(全国求人情報協会)

仕事内容や勤務地など、ある程度は求人メディアなどでもカバーできるかもしれません。しかし、職場の様子や将来の給与の見とおしなどの詳細は、求人メディアだけではカバーできない部分もあります。不足した情報を補うためには、採用ホームページが必要です。

採用ホームページの充実は質の高い応募者につながる

前述のように、企業の情報を提供するのに採用ホームページは重要な役割をもちます。さらに、内容を充実したものにすれば、質の高い応募者を集めることも可能となります。

理由は、応募者が十分な情報を取得できることでミスマッチが少なくなるため。そして、採用ホームページの求人に応募することで複数応募による離脱が少なくなるためです。以上の理由により、自社で求めていた人材を効率良く集めることができます。

TalentClip(タレントクリップ)でできること

採用活動を改善したいなら、採用ホームページが簡単に作成できる、オールインワン型採用管理システムの「TalentClip」がおすすめです。「Talent Clip」なら、たとえば、以下の3つの機能で、採用活動の改善につなげることができます。

・採用ページをラクラク作成
・応募情報の一括管理
・効率の良い求職者集め

システムの詳細を見てみましょう。

1.自社採用ページをラクラク作成

採用活動の問題を解決する方法のひとつに、採用ホームページの作成や改善があることをお話ししてきました。自社採用ページをもっていないなら、すぐにでも作成に取り掛かるのが良いでしょう。

TalentClipには、自社採用ページを作成できる機能が備わっています。自社の魅力やアピールポイントをテキストで入力し、アイキャッチとなる画像を挿入するだけなので、簡単です。難しいホームページ作成の知識は必要なく、誰でも操作しやすい画面で、ラクラク作成できます。

さらに、採用ページに合わせて、募集条件を入力するだけで完成する求人票の作成も可能です。社員用、バイト用のテンプレートもありますので、必要な情報を整理して掲載できます。

今後、複数のテンプレートページが追加される予定ため、どのようなデザインにすれば良いか分からないという時に1から考える必要がないこともポイントです。

TalentClipの採用ページ作成機能を使って情報を充実させれば、自社採用ページに関わる問題を解決に導くことも可能でしょう。

2.応募情報をすべて一括管理

採用活動の問題として、欲しい人材が集まらないこと、辞退者が多いことを挙げました。TalentClipの応募者一括管理システムなら、このような人材についての悩みも解決できるかもしれません。

TalentClipの応募者一括管理システムとは、応募者の情報をデータベース化する機能のことで、タレントプール機能ともいいます。書類選考から、面接日程の調整、求職者とのやり取りなど、応募者情報の一元管理ができるのが特徴です。

すべての応募者情報は企業独自のタレントクリップの中に蓄積されていき、採用活動終了後も企業独自の情報として情報をキープできます。キープされた情報は、次回の採用活動に活用することもできるので、ダイレクトリクルーティングに活かすことも可能になるでしょう。

3.求職者を効率的に集める

採用活動の問題に欲しい人材が集まらないことを挙げましたが、原因は採用ホームページだけでなく、適切な求人媒体を利用できていないことも一因にあるかもしれません。

TalentClipは、東北北陸エリアを中心に全国の求人を扱う40年以上の実績をもった求人メディア「Workin.jp」と自動連携できるため、幅広く応募者を集めるのにも向いています。TalentClipとWorkin.jpの活用で、希望に合った人材を機能的に集めてみませんか。

TalentClipでWorkin.jpと連携すれば、求職者に広くアピールできますので、採用コストの削減と効率的な採用につなげることもできます。

TalentClipの詳しい情報は、TalentClip公式サイトよりご覧ください。

まとめ

採用活動の問題は、そもそも自社採用ホームページがないこと、あっても内容が充実していないことが一因としてあります。採用活動の問題を解決したいなら、自社採用ページが簡単に作成できる機能をもった、オールインワン型の採用管理システム「TalentClip」が便利です。

「TalentClip」を活用して、採用活用の諸問題を改善し、効率の良い採用活動を展開していきませんか。