ダイレクトリクルーティングとは | 成功に導くコツを紹介

新卒採用の時期などを見計らって求人広告を出すものの、なかなか自社の希望とマッチするような人材が集まらないなど、採用活動に悩みを抱えてはいないでしょうか。

求人広告で思うような成果が出ないなら、ダイレクトリクルーティングを考えてみるのも良いかもしれません。

ダイレクトリクルーティングは、これまでとは異なる新たな採用手法として注目されています。この記事ではダイレクトリクルーティングの概要と成功のコツを紹介します。

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングは、企業が求職者に対して直接アプローチする採用手法のことをいいます。

普段私たちがよく目にする求人広告などは、求職者からの応募を待つ「守り」の採用手法として取り入れられています。

ダイレクトリクルーティングはそんな従来の方法とは反対に、「攻め」の採用手法として取り入れられるようになった方法です。

注目される背景

ダイレクトリクルーティングが国内で注目されるようになったきっかけは、労働人口減少により、従来の方法では企業が求める人材の採用が難しくなったことです。

求人広告のように待っているだけの採用手法では、優秀な人材を確保することは難しく、そこで求める人材に企業側からアピールする手法が注目されるようになりました。

また、ダイレクトリクルーティングが注目を集める背景には、IT技術の発達もあります。

ブログやSNSなど、情報発信ができるサービスが発達し普及したことで、情報発信のハードルが格段に下がりました。そのため、多くの企業がダイレクトリクルーティングに取り組める環境となったのです。

従来の採用手法との違い

ダイレクトリクルーティングと求人広告との違いは、企業と求職者の関係です。

求人広告では求職者からのアプローチを待つことになるので、どれくらい応募が来るか、どんな求職者が来るか、応募があるまで分かりませんが、ダイレクトリクルーティングならどちらもコントロールできます。

そして、人材紹介は成功報酬型のため、採用コストが割高になることもあります。ダイレクトリクルーティングなら人材紹介のコストは発生しないため、費用の差も従来の採用手法との違いといえるでしょう。

ダイレクトリクルーティングを行うメリット・デメリット

次に、ダイレクトリクルーティングを取り入れるメリットとデメリットを見ていきましょう。

ダイレクトリクルーティングのメリット

■採用候補者の入社意欲が高まる
人材に直接アプローチするということは、採用候補者に直接、自社についての説明ができるということです。個々に合わせて説明できるため、採用候補者の入社意欲を高められるメリットがあります。

■潜在層もターゲットになる
就職・転職したいと考えている人のすべてが、積極的に求職活動しているわけではありません。具体的な活動はしていなくても、条件に合った会社があればそこで働きたいと考えている人、いわゆる潜在層の採用候補者もいます。

ダイレクトリクルーティングなら、従来の採用手法ではアプローチできなかった潜在層の採用候補者もターゲットにすることが可能です。

■採用コストを抑えられる
利用するサービスによっては従来の方法以上に採用コストがかかることもありますが、長期的に利用すれば採用コストを抑えられることもあります。

■自社の採用力を向上できる
従来の採用手法は、求人広告会社や人材紹介会社に依頼することから、採用活動のノウハウが自社で蓄積されない問題がありました。ダイレクトリクルーティングは自社主導で動く採用手法のため、分析や採用プロセスなどの専門知識を集積できます。採用力の向上に役立つことが期待できるでしょう。

ダイレクトリクルーティングのデメリット

■工数がかかる
人材を探したり、スカウトメールを送ったりなど社内で行うこと多く、工数がかかります。従来の採用手法と比べて、多くの労働力が必要です。

■長期的な視点が必要
短期的な目線でダイレクトリクルーティングを実施すると失敗することもあります。滞在層の採用候補者にしっかりアプローチする、必要に応じて面談の機会を作るなど、長期的な視野で採用活動を行っていかなければなりません。

■ノウハウが必要
希望する人材を効率良く採用できるようにするためには、スカウトメールや採用候補者のフォローなど、ダイレクトリクルーティングのためのノウハウが必要です。

ダイレクトリクルーティングを成功させるには

ダイレクトリクルーティングを取り入れる場合、成功させるにはどのような工夫が必要か、4つのポイントを紹介します。

採用活動における課題を洗い出す

ダイレクトリクルーティング導入の前にやっておくべきことが、自社の採用活動における課題の洗い出しです。まず問題点を見つけ出し、洗い出されたその課題はダイレクトリクルーティングによって解決できるかどうか見極めます。

たとえば、「応募数は多くてもほしい人材が来ない」という場合であれば、ダイレクトリクルーティングを取り入れることで課題解決につながるでしょう。

しかし、「人材の質が良くても応募が少ない」という場合は、人材に直接アプローチするダイレクトリクルーティングでは解決できない可能性が高いです。

採用における課題がダイレクトリクルーティング向きなのか、そうでないのか、まずは見極めてから取り入れるべきか考えましょう。

会社全体で取り組む

作業の数が多く、人事担当者だけでダイレクトリクルーティングを成功させるには限界があります。経営層や現場スタッフなど、部署や立場を超えて協力を仰ぐ必要があるでしょう。

たとえば、会社のトップが候補者と直接コンタクトを取るといった方法も、効果的なアピール方法です。

長期的な視野で取り組む

ダイレクトリクルーティングは、長期的な施策が功をなして成功する採用手法です。すぐに結果は出ないものと考え、導入当初はノウハウの蓄積と、必要な部分へのコスト投入を考えます。

ダイレクトリクルーティングを進めるにあたって、人材確保の前に、候補者へのコンタクトの取り方など、さまざまな方法を試して自社に合ったアプローチ方法を見つけていくことが先決でしょう。

このように、ダイレクトリクルーティングの成功には時間が必要です。従来の採用手法からすぐに切り替えるのではなく、徐々に取り入れるべき手法だといえます。

データベースで情報を一元管理する

ダイレクトリクルーティングは、採用候補者に合った個別の対応が必要となる手法です。だからといって採用候補者ごとにさまざまな方法で管理をしていたら情報がまとまらず、さらに工数がかかってしまいます。

余計なやり取りを回避するためにも、アプローチの状況、面接日、評価など、応募者情報がまとめて確認できるように一元管理しておくと良いでしょう。

ダイレクトリクルーティングには「Talent Clip」

ダイレクトリクルーティングの成功には、オールインワン型採用管理システムのTalent Clipが役立ちます。Talent Clipなら、以下のような機能でダイレクトリクルーティングを効果的に進めることが可能です。

■自社採用ホームページの作成
ダイレクトリクルーティングで自社の魅力を知ってもらうためには、自社採用ホームページを充実させることが効果的です。Talent Clipなら、テキストとアイキャッチとなる画像の配置だけの簡単な操作で自社採用ホームページを作成できます。あわせて、テンプレートを使った求人票の作成も可能です。

■タレントプール機能
応募者情報はデータベース化され、キープできます。採用活動のやり取りをすべて一元管理できるため、効率的にダイレクトリクルーティングを進められるでしょう。

■効率的な求職者の募集
Talent Clipなら、求人メディアであるWorkinと自動連携ができます。ダイレクトリクルーティングを行いながら求人を掲載することで、効率の良い人材確保か可能です。

Talent Clipなら、採用ホームページの作成から募集、応募者管理までワンストップで管理できるようになります。ダイレクトリクルーティング成功のためのツールとしてぜひご活用ください。

まとめ

効果的な人材確保の手法として、ダイレクトリクルーティングが注目されています。従来の採用手法と異なり、優秀な人材に直接アプローチできることが大きなメリットですが、成功のためにはノウハウの蓄積、情報管理といった環境整備が必要です。

ダイレクトリクルーティングを成功に導くためにも、必要に応じたツールの使用も検討してみてはいかがでしょうか。