人手不足はAIで解消するのか、メリットや懸念点について

AI(人工機能)の技術の進歩によって、学習の蓄積による複雑な処理や判断が人でなくてもできるようになりました。これにより、さまざまな業種でAIの活用、導入の検討が行われています。

特に日本におけるAIの重要性として注目されているのが、AI活用による人手不足の解消です。
AIは本当に人の代わりになるのか、メリットと活躍が期待される業界、懸念点について解説します。

人手不足の解決策としてAIを活用するメリット

人手不足の解消のためにAIを導入した場合、会社にはどういったメリットがあるのかをまずは知りましょう。

労働の負担を減らせる

人手不足に悩む企業の多くは、人が足りないためにひとり当たりの労働量や労働時間が高い傾向にあります。労働環境としてはあまり良い状態ではないといえるでしょう。

ここにAIが導入された場合、これまで人が行なっていた仕事の一部が機械にとって代わられることから、ひとり当たりの作業量を減らすことができます。これにより、会社は従業員の労働環境改善に役立てることが可能です。

また、導入するAI次第では危険性の高い仕事の負担軽減にも活かせるため、従業員の危険リスクの低下と企業イメージの向上にも役立てることができます。

なお、AIは導入費用がかかるものの、人件費のように毎月費用が発生するとは限りません。AIに代替した部分の人件費カットにも貢献できると考えられます。

生産性の向上につながる

AIの導入は、労働環境の改善や作業の効率化につながるだけでなく、企業の生産性向上にも役立ちます。任せられる業務はAIに託して、従業員はもっと付加価値のある業務に力を注ぐことができるためです。付加価値の高い業務には、たとえば製品の開発や企画などが挙げられます。

企業の営業活動を高める仕事に割く時間を増やせることから、既存サービスの発展、さらには新しいサービスを生み出す余裕も作れるでしょう。

さらには、AI導入は顧客満足度の向上にもつなげることができます。人為的なミスであるヒューマンエラーがなくなり、素早いデータ収集によって情報や顧客のニーズをいち早くつかむことができるようになるためです。

このように、AI導入は労働環境の見直し、生産性向上による企業の営業成績にもプラスの影響をもたらします。

人手不足でAIの活躍が期待される業界

人手不足の解消のためにAIを導入するメリットをいくつか挙げましたが、AIがどれほど活躍するか、AIの恩恵をどれほど享受できるかは業界によって異なります。

特にAIが活躍すると期待されている業界のうち、人手不足に悩まされている業界は、小売業界、飲食業界、介護業界です。AIによるそれぞれの業界の変化をみていきましょう。

小売業界

消費者向けに商品を販売する小売業界では、AIによるレジ業務の大幅な負担軽減が期待されています。すでにいくつかの企業で導入されはじめているのが、レジの混み具合を予測するAI、カメラやICタグを使って瞬時に計算するAIです。

レジの混み具合を予測するAIは、来客者の年齢などの情報をもとにその後のレジの混み具合を予報するもので、AIの通知をもとに適切に人員を配置できるようになっています。これにより、必要なときに必要な数の人材をレジに置くことが可能です。

カメラなどを使った会計業務を代行するAIは、パン屋や衣料品店などですでに導入がはじまっています。情報をもとに瞬時に計算ができるため、レジの負担軽減だけでなく、レジの行列も減らすことが可能です。

飲食業界

すでに家電との連携で家庭での利用が現実化している対話型のAI、スマートスピーカーを飲食店でも利用する動きがはじまっています。これは、スタッフが厨房にいながら客の注文を確認できるシステム。飲食店側は、客席まで注文を取りに行く手間を削減できます。

このほかにも、キャッシュレス決済が広がりを見せるなか、不慣れな利用者に対して利用方法を説明するAIも飲食店の一部では導入されるようになりました。

介護業界

介護業界での人手不足解消に期待されているのが、対面接客型のAIです。これは、介護施設などの利用者と会話をするAIのことを指します。

施設のインフォメーションなどの役割を期待されているほか、データを蓄積し、学習する能力があることから、介護技術を教え込ませることでスピーディーな対応、介護職員の負担軽減にも役立つと考えられています。

職員のマニュアルや情報源としても活用することができ、資料の管理やAIによる療養プランの提案も可能です。これにより、介護職員は必要な介護作業に専念することができます。

人手不足でAIを活用する際の懸念点

このように、人材不足の解消に期待が向けられる便利なAIですが、一方で懸念点もあります。

AIには得意・不得意がある

現状のAIの技術では、すべての分野をカバーすることは困難だということです。AIにも得意な領域と不得意な領域があります。

AIが得意としているのは、パターン化された仕事。これは、AIが膨大なデータを学習、処理することによって解決に導くことに特化しているためです。また、AIは膨大なデータを取り込めるため、データをもとに数値的なゴールに導くことも得意としています。

一方でAIの苦手分野とされているのが、ゼロから思考を構築することです。さまざまなパターンや柔軟な対応が必要となる仕事においては、AIが十分に能力を発揮できないことがあります。

また、人のひらめきと偶然が重なったことで生まれるようなクリエイティブな面も研究は進んでいるものの、まだまだ十分とはいえません。

AIを扱える人材が少ない

AIを正しく扱うには、AIのアルゴリズムを理解し、管理できるようなAIエンジニアが必要です。しかし、現状ではIT企業でさえもAIに詳しい人材が不足している状況となっています。AIの適切な扱いを教えられる指導役さえも不足しているのが現状です。

国内でのAI人材は大きく不足していることから、今後AIを本格的に導入しようとするのであれば、人材の確保から綿密に計画を立て、実行に移す必要があります。

このように、AIの導入が一部の業務に限られること、AIを扱える人材が不足していることをみると、AIの導入を先延ばしにする企業も少なくありません。AIの導入が進まないうちは、AIで賄えない分の人材をしっかり確保し、人材不足を解消することが大切です。

Workinでは、人材不足に関する採用お役立ち情報も掲載しています。AI導入だけでなく、即効性の高い人材不足解消のために、Workinで必要な情報を集め、求人掲載まで活用されてはいかがでしょう。

まとめ

AIの技術的進歩によって、人手不足の解消がさまざまな業界で期待されています。しかし、AIを扱える人材が不足していること、AIには苦手な分野もあり、すべての業務の代替にならないことから、AIの導入がうまくいくとは限りません。人材不足に対処するには、人材の確保も重要ということなのです。