アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


全国TOP >  >   > 意外と見られている!面接時の靴の選び方

意外と見られている!面接時の靴の選び方

転職活動で書類選考を通過して面接が決まった時には、志望動機や条件など「何を話すか」についてばかり意識が集中しがちですが、忘れてはならないのが当日の身だしなみについてです。社会人としての常識やマナーを持ち合わせた人であるかどうかが身だしなみで判断されるとも言えます。

面接用のスーツはしっかりと準備しても、合わせる靴は適当に選んでしまうという方もいるかもしれません。しかし、面接担当者は意外と足元もしっかりとチェックしているものです。マイナスイメージを持たれないよう、面接時の靴選びにも気をつかい面接にのぞみましょう。

面接時、こんな靴はNG!

女性にとって、靴は個性を演出できるファッションアイテムのひとつです。しかし、基本的には、面接時の靴で「おしゃれさ」や「個性」を表現する必要はありません。

面接時のスーツにスニーカーやブーツを合わせようと思う方はさすがにいないと思いますが、パンプスタイプの靴ならなんでも良いというわけでもありません。オープントゥのパンプスやミュール、サンダルなど素足に合わせるようなカジュアルなデザインの靴は避けるべきです。また、エナメルなど派手な印象を与える素材のパンプスを選ぶのもやめておきましょう。

また、歩く時にカツカツと大きな音が響くのもあまり良い印象を与えないと言われています。歩き方による部分もありますが、ヒールの形や素材によっても音の響きやすさが異なります。あまり大きな音が響く靴は避けた方がよいでしょう。

面接時に選びたい「理想の一足」はどんな靴?

では、具体的にはどんな靴を選べば良いのかについて考えてみましょう。基本的には、シンプルで飾りのない黒のパンプスが好ましいでしょう。そして本革素材の靴を選ぶと安心ですね。
ヒールは低すぎてもきちんとした印象を与えづらくなってしまうため、ある程度の高さがあるものを選びましょう。あまり高すぎると歩きづらく疲れやすくなってしまうため、5~6センチのものがおすすめです。パンプスに合わせるストッキングは、肌の色に近いベージュの無地のものを選びましょう。

基本はこのような選び方になりますが、絶対にこの条件を満たさなければならないというわけではありません。年齢や職種によっては、スーツに合わせた色を選んだり、スーツに合うきちんとした印象のものであれば多少飾りがついた靴を選んでも問題ないでしょう。

面接時はきれいに磨かれた靴で!

面接のために靴を新調するのであれば、面接直前ではなく事前に購入して履き慣れておくことをおすすめします。買ったばかりの靴を履いていった場合に靴擦れを起こして、面接に集中できなくなってしまうことも考えられます。
ただし、いくら履き慣れている靴だといっても、汚れや傷みが目立つ靴ではマイナスイメージにつながってしまいます。きれいに手入れされた靴で清潔な印象を与えることが大切です。

靴のお手入れ用のブラシやクリームなどを持っていない場合は、靴を新調する際に合わせて購入しておきましょう。靴は普段からこまめにブラシで汚れを落とすようにして、面接の前日にはクリーナーなどで磨き靴墨を塗り、きれいに磨かれた靴で面接にのぞみたいですね。

まとめ

人の弱みにつけこむことを「足元を見る」と言います。面接の際にも、足元がウイークポイントにならないようきちんと準備して臨むようにしましょう。


全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2017 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop