アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


全国TOP >  >   > 各年代別!ベストな転職タイミングはいつ?その理由と強みのアピールポイント

各年代別!ベストな転職タイミングはいつ?その理由と強みのアピールポイント

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

「思い立ったが吉日!」のように、突発的に転職活動を始めてもほとんどの場合成功しません。
突然の転職活動は、計画性がなく転職理由も定かではないため、履歴書や面接の場でそれが相手に伝わってしまいます。

若い年齢での転職では、ガッツやエネルギッシュといった理由で採用されることもあるかもしれませんが、年齢を重ねたあとではそれも望めないでしょう。
転職活動は計画を立てて進めていくべきものです。計画を練り、ここぞというタイミングで転職を行いましょう。

今回は、転職成功率を上げるための、各年代ごとの最適な転職タイミングについてお話しします。

転職に有利な時期と不利な時期は?

1年を通して見たときに、転職に有利な時期と不利な時期があります。
あくまでも一般企業を基準にした場合ですが、できるだけ有利な時期に転職しましょう。

転職に有利なのは2、3、9月

求人情報サイトや求人情報誌を見ると、特に2、3、9月に求人数が増加します。
なぜなら、一般企業の年度末と半期末がそれぞれ3月と9月に当たるからです。
一般的に、年度末や半期末は退職者が出やすく、企業側も半年や1年ごとのこのシーズンに求人募集をすることが多いのです。

転職に不利なのは4月~8月

求人数が少なく転職に不利な時期は、4月~8月です。
このシーズンは、4月に入社した新人の教育に忙しいため、求人活動にまで手が回らない状態であり、新人が入ってきているため募集枠がそもそも存在しないというのが理由です。

20代の転職理由とタイミング

年齢が若ければ、まだ転職回数も多くなく先があるので、転職成功率は高いです。
企業側も「経験3年以上」と条件に掲げていることが多く、20代でもそこに該当しやすいと言えます。

20代に多い転職理由

20代に多い転職理由は、「ほかにもっとやりたい仕事がある」というものです。
まったく違う業界で働いてみたいという転職理由も多いでしょう。

20代に最適な転職タイミング

・新しい業界への転職なら入社3~4年目
職歴3年以内の未経験であれば、新卒扱いで採用してくれる会社は多いので、その業界での経験値は必要とされません。
とはいえ、社会人になってから1~2年程度ではビジネススキルといった基礎がまだ未熟だと判断されて不利になる可能性も高いので、社会人になってから3~4年程度がタイミングとしては最適です。

30代の転職理由とタイミング

30代の転職タイミングは、30代前半なのか後半なのかで少し変わってきます。
その違いも含めながらチェックしていきましょう。

30代に多い転職理由

30代に多い転職理由は、スキルやキャリアアップ、そしてそれに伴う給与アップが多いです。
社会人としても経験を積んで、与えられた仕事をこなすだけではなく自発性を持って業務をこなし、さらにはマネージャー的なポジションも視野に入れて良い年代でもあります。

30代に最適な転職タイミング

・同業界や関連業界への転職なら30代前半
30代前半は、即戦力を大きくアピールできる年代でもあります。
そのため、同業界や関連業界への転職を希望してスキルやキャリアアップを目指すなら、30代前半の転職タイミングが最適です。

・専門性やマネジメント力に自信ありなら30代後半
30代後半からは、若手を引っ張っていけるマネジメント力をアピールしましょう。
特に、若手従業員が多い職場では、マネジメント力を存分に活かすことも可能です。

現在の会社では昇給が見込めず、やりがいも見出せないために転職したいのであれば、30代後半を狙えば専門性やマネジメント力を発揮できるポストに任命されて、給与アップも叶う可能性が高いです。

40代の転職理由とタイミング

40代の転職活動は、管理職クラスもしくは高度なスキルを持った即戦力が鍵となります。

40代に多い転職理由

40代は、現在働いている会社の労働条件や将来性に対する不満や生活環境の変化による転職理由が多いです。
「定年退職を迎えるまで、今の仕事を続けられるだろうか?」と、ふと立ち止まって考える年代でもあります。

40代に最適な転職タイミング

・40代に最適な転職のタイミングは、40代前半です。
40代前半は体力的にも社会人としての経験値も上手くバランスが取れた年齢です。

また、家庭を持ち、家を持ち、一家の主人として働いているケースでは、責任あるポストで働ける人材が求められます。
この先、定年退職まで長期で働いてもらいたいという考えのもと、責任あるポストで長期的に活躍できる人材を求める企業が多いのです。
経験値やスキルが高く、なおかつ新しい物事でも柔軟に受け入れることができるなら、40代前半の転職はチャンスがあります。

まとめ

転職を成功させるためには、計画を立てることと転職理由を明確にする必要があります。
また、転職に有利なタイミングを知ることで、さらに転職の成功率は上がります。

転職理由を明らかにし、最適な転職タイミングも見計らい、計画的な転職活動を進めていきましょう。

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2018 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop