アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


全国TOP >  >   > アルバイトの自己PRはこう書く!履歴書作成や面接で使える鉄板テンプレ

アルバイトの自己PRはこう書く!履歴書作成や面接で使える鉄板テンプレ

「履歴書の自己PR欄になにを書けばいいのか・・・」

アルバイトに応募した経験がある方なら、だれもが自己PRに書く内容について迷ったのではないでしょうか?

自由に自己PRを書けと言われても、自分を魅力的にアピールする文章はすぐに思いつかないですよね。

ですが安心してください!
一見、自由に書いていいように思える自己PR文ですが、そこには明確なルールと法則があり、それに則って文章を書けばだれでも採用担当者を唸らせる自己PR文をつくれるのです。

今回ご紹介するのは、あなたの強みや魅力を的確に伝えるための自己PRノウハウ。
これを活用すれば、書類選考でも面接でも自信をもって自分を売り込めるようになるはずです。

自己PRは自分語りではなく相手目線を徹底する

「自己」PRという言葉のイメージからか、とにかく自分のことを書けばいいのだという認識が広まっていますが、正確には違います。
たしかに自分自身の強みや特性をアピールするのですが、それらはあくまでアルバイト先の企業が求めている強みや特性でなければいけません。

好き勝手に自分が伝えたいことを伝えるのではなく、相手が何を求めているのかを把握して、そのニーズに合わせた形で自己PRを組み立てる必要があります。

つまり、「企業に自分を合わせる」という意識が必要なのです。
このように書くと、「それは作為的ではないか」という疑問を抱かれるかもしれません。

しかし、アルバイトの面接に限らずほかのすべての採用現場において、企業のニーズに応えられないと判断された人材が選考をパスすることはないでしょう。
なぜなら仕事とは、それがどんな種類の仕事であれ「だれかのニーズに応える」ことが要求されるからです。

依頼されたタスクを確実に時間通りに仕上げてほしい・・・
お願いしたクオリティを担保して製品をつくってほしい・・・
とにかく丁寧にミスなく作業してほしい・・・

このように、働く現場ではなにかしらのニーズが存在し、それにキッチリと応えなければいけません。

アルバイトの場合は大きな責任を負う仕事を丸々任されることは少ないかもしれませんが、その分、依頼された仕事や要求をキッチリ確実に、指示通りにこなしていくことが期待されています。

自己PRの文章を相手目線で書くことができれば(もしくは面接で話せれば)、採用担当者も「おそらく、この人はこちらの要求にしっかり応えてくれるだろう」と判断する可能性が高くなります。

ベネフィットに繋がる要素がたっぷり詰まった文章を書く!

ベネフィット(benefit)とは直訳すると「利益」「得になること」といった意味で、マーケティングの世界では「商品から得られるメリット」という意味で、よく使われる言葉です。
このベネフィットが、相手に響く自己PRを書くために欠かせない要素なのです。

【ベネフィットに繋がる要素の例】

・業界での経験が長い
・いままでの職場ではずっと無遅刻、無欠勤
・○○の資格を持っている
・すぐに勤務開始可能
・シフト変更も対応できる
・作業の処理速度が速い
・ExcelやWordが問題なく使える

採用する側が興味を持つのは、「あなたがどれだけ役に立つか」「どんな利益をもたらしてくれるのか」といったことだけです。
相手にとっての利益、得になることを単刀直入に伝えることを意識して書きましょう。

自己PR文のサンプル

———————————-
IT業界でのアルバイト経験が長いので、パソコンの知識やスキルは比較的高いです。Excelを用いたデータ入力や顧客リスト作成などをメインに経験してきました。基本的な操作は熟知していますし、ショートカットキーも活用できるので業務の処理能力はかなり高いと自負しています。そのほか、WordやPowerPointも通常レベルであれば問題なく扱えますので、文書作成の仕事にも対応できます(MOS資格も保有)。シフトの変更などにも柔軟に対応可能ですし、すぐに勤務スタートできますので、どうぞよろしくお願いいたします。
———————————-
☆ポイント
履歴書のスペースは限られていますし、面接でも与えられる時間はわずかです。
無駄な言葉は一切入れず、ひたすら相手にとってのベネフィットに繋がる要素を書き出しましょう。

そのほかのポイントとしては、具体性を意識して文章を書くことです。
上記の例文を見ていただければ、具体的な名詞を多く使用しているのがわかると思います。

「具体的であること」は、自己PRに説得力を持たせるために欠かせない要素です。
読んだ人が内容を鮮明にイメージできるように、曖昧な表現は避けて具体的に書きましょう。

まとめ

「自分のスキルアップのため」「いろんな経験にチャレンジしたい」といった自分中心の自己PRでは通用しません。
自分語りではなく相手目線を徹底することが自己PR成功の秘訣です。

まずは自分がどんなふうにアルバイト先で役に立てるのかを考え、ベネフィットに繋がる要素のリストを書き出してみてはいかがでしょうか?

================
さっそく、Workin.jpでお仕事を探してみる


全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2017 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop