転職応援ナビ

転職するためには、きちんと準備する必要があります。ここでは、いくつかのポイントや転職活動フローなどを簡単にご紹介!!

応募するにあたって、ケースごとのポイントや履歴書・職務経歴書の書き方をぜひ、押えておきましょう!!

転職活動にあたって その1

転職活動に入る前に

転職理由を整理しよう!!

「今の仕事が自分に合っていない」「上司や同僚とうまくいかない」「評価に満足できない」など、転職を思いつくきっかけはいろいろあると思いますが、まずは冷静に考えてみましょう。

ポイント

自分の不満はわがままではないか? また、不満解決のための努力はしたか? → 不満はどこでもあり得ることと考え、客観的に分析してみよう!!

自己分析してみよう!!

転職を成功させるには、進みたい方向性を決めることが大切。それには自分が「何をしたいのか」 「何ができるのか」を知ることから始まります。あなたが何ができるのかは、企業がもっとも知りたいところです。ゆくゆくは面接等でアピールする重要ポイントとなりますので、じっくり考えてみましょう。

ポイント

自分の性格はどうか どんな仕事をやってきたか その中の得意分野は何か どのような成果をあげたか 資格はあるか → どういう仕事に就きたいか。どういうことができるか。じっくり考えてみよう!!

転職フロー

これからスタートする転職活動に、まず必要なのが具体的なスケジュールを立てること。行き当たりばったりでは先行きが不安です。転職するまでのフローをしっかり頭に入れてから、転職活動をスタートさせましょう。

STEP1 情報収集 新聞、チラシ、求人情報誌、インターネット、人材紹介会社、人材派遣会社などを利用して、現在の求人状況を調べておく。

↓

STEP2 会社情報を調べる 希望する企業のHPから情報を収集したり、業界誌・データ本などの情報を利用する。また直接資料請求したり、会社説明会参加で情報収集をしよう。

↓

STEP3 応募書類の作成 応募する会社の求める人物像やスキルを検討し、履歴書・職務経歴書などを作成する。履歴書用の写真も撮影する。

↓

STEP4 応募する 履歴書を送付した場合は、書類選考が行われるのが一般的。この場合、面接日は、電話で連絡してくることが多い。メールや応募フォームで応募した場合は、その後のやり取りはメールで行うことが多い。

↓

STEP5 面接 会社の指定日時に訪問。作品持参の場合は忘れずに。筆記試験が行われることもある。面接は1回で終わる場合と、2次、3次と行われる場合がある。採否の結果がいつ頃、どのように連絡されるか確認しておく。

↓

STEP6 内定 出社日の確認。会社に持参するものの確認と準備。
在職中の場合は、退職日の相談を上司にする。

↓

入社

次のページを見る