Workin就活・適職フェアin仙台


Workin就活・適職フェアin仙台

【開催終了:ご来場ありがとうございました】
日時:2016年10月24日(月) 13:00~17:00
会場:アエル5F(仙台市情報・産業プラザ)/ 入場無料
対象: 2017年3月卒業予定者(四大・短大・専門学校)、中途転職・就職希望の方
>会場MAPはこちら
2017年3月卒業予定者・中途転職・就職希望の方を採用する企業を集めた合同企業説明会のことです。就活・適職フェアでは、ひとつの大きな会場に企業ブース(窓口)を設けて、そこで企業の採用担当者に直接質問ができたり、面接を受けることができるようになっています。求人票などの書類に記載された情報だけでなく、企業の採用担当者と直接会って生の声を聞いて会社選びができる場であり、マッチング度をはかれる場でもあります。

【同時開催】来場求職者向け個別相談『失敗しない就職・転職のために』

send_shukatu_kobetu
「働く上での労働者の義務と権利を教えてほしい」
「失敗しない転職のために。面接時に聞いておくべきことは何?」
「辞めた前職でこんな扱いを受けてたんだけど…これってアリ?」
「家庭と仕事の両立のためにどんな制度があるの」
「残業やお休み、保険など。損しないよう正しい知識を身に着けておきたい・・・」

・・・このほか、働く前に知りたい様々な相談を雇用労働相談センター相談員が求職者お一人ずつ個別にご相談を受け付けます。ぜひ、この機会に普段から相談したくても誰に相談できなかった就活のこと、転職のこと、相談してみませんか。事前予約フォームからご予約下さい。

◆開催日:2016年10月24日(月)
◆開催時間:
12:30~/13:00~/13:30~/14:00~/14:30~/15:00~/15:30~/16:00~
(1回30分) ご希望の時間をご予約ください
※満席となった時間帯は、予約画面で表示されません、予めご了承ください。
◆会場:アエル7F アシ☆スタ交流サロン ※開催日当日の受付はアエル5Fです。

【1】就活・適職フェアの魅力はどんなところ?

1日で複数の会社に訪問できます
就活・適職フェア最大の魅力は、1日で「複数の会社」を訪問できることです。気になる企業が複数あった場合には、企業の採用担当者から一度に話しを聞くことができるので、就職活動をしている皆さんにとっては大きなメリットがあると言えるでしょう。できるだけ多くの企業の話しを聞いて、就職の可能性や選択肢を広げるといった参加の仕方も可能です。当日は少しでも興味をもった企業ブースにはどんどん訪問しましょう。

就職&転職フェアのようす

企業の採用担当者と直接話しができます
通常の就職活動では、採用担当者に会うためにはアポイントが必要ですので、直接話しを聞くためには事前準備が必要になります。しかし、就活・適職フェアの会場では、採用担当者が就職活動をしているあなたに会うことを待っています。日ごろ「一枚の履歴書や応募フォームだけでは自分のすべてを伝えきれない」と考えたことはありませんか?現実としては多くの企業が一次選考で書類選考を行っており、自分のことを直接伝える機会さえ得られない場合も多いのです。しかし、就活・適職フェアでは、採用担当者があなたと「直接コンタクトをとる」ことが目的のイベントです。あなたが企業とのマッチング度をはかれる絶好の機会ですので、このチャンスを逃すのはもったいないのです。
比較検討が簡単にできます
採用担当者と話すことで求人情報の「給与」や「休日」「待遇」など雇用条件の比較だけではなく、その会社の雰囲気や仕事への取り組み、姿勢など、その企業の実情をキャッチし比較検討できるというのは大きなポイントです。イベント開催中の限られた時間内ではありますが、あなたの五感をフル稼働させて実際に企業やお店を訪問したような「生」の情報をゲットしましょう。
気軽に入ることができます
「興味があるけど…気分がのらない」と思っている方も、ぜひ就活・適職フェアに足を運んでみてください。当日会場に来てから、どの会社に訪問するか決めてもOKです。今まであまり気にとめなかった業界にも目が向くかもしれません。まずは、会場に足を運ぶことからはじめてみませんか。就活・適職フェアは「予約不要で、入場無料」です。まずはお気軽にご参加ください。

就職&転職フェアのようす

sed_shukatu_tokushu

【2】会場に行く前にチェック!

服 装
「気軽に入場できる」ことが就活・適職フェアのメリットのひとつですが、GパンにTシャツ、スニーカーなどのラフ過ぎる服装は避けたほうがいいでしょう。また、例えば寝癖のついた髪型では採用担当者が感じる印象はどうでしょうか?その時の状況にあった服装を選び、清潔感のある身だしなみで訪問するのは就職活動の基本的なマナーです。「気軽に入場できる」ということと、「気楽に訪問する」ということは少し意味が違います。就活・適職フェアは「仕事を探す」という平坦ではないデコボコの道が「少しだけ歩きやすい道」になると考えてください。採用担当者とじっくり話しをするためにも、服装も髪型などの身だしなみもキチンとして、会場にお越しください。
持ち物
就活・適職フェア当日、来場の際に用意しておきたい持ちものです。各企業ブースでメモを取ったり、書類やパンフレットを受け取ったときに必要になりますので、ぜひ準備しておきましょう。また他にも「必要かも」と気づいたものがあったら準備しておくと安心です。


◇メモ帳

当日に質問したい内容や、自分の希望や現状などをメモにまとめておくと、採用担当者とのやりとりの場面ではスムーズに対応できます。また、面接時に聞いたことをメモしたい場合にも必要です。ただし、そのときの状況を見て必要ならば「メモをとって構いませんか?」と採用担当者に確認をするなど配慮しましょう。メモをすることに集中し過ぎて採用担当者の話しを聞き逃すことのないように気を付けましょう。

◇筆記具
就活・適職フェアの会場では、まず訪問カード(簡易履歴書)の記入をしていただきます。会場では筆記具を用意してありますが、たくさんの方が来場されている中での記入です。自分の筆記具で手早く書き上げるほうが時間を有効的に使えます。

◇カバン
企業から書類やパンフレットを受け取った場合にも必要です。就活・適職フェアでは多数の企業が参加し、様々な企業へ訪問することができます。会場で企業ブースへ訪問するとき、前に訪問した企業の書類やパンフレットがむき出しのまま訪問しないように配慮しましょう。前に受け取った資料はカバンにしまい、気持ちも一旦リセットして次の企業ブースに訪問しましょう。

【3】会場での流れ

STEP1 会場への道のりをチェック

仙台アエル地図

会場や開催日時を確認し、交通手段や自宅からどれくらいの時間がかかるかを調べておきましょう。終了時間ギリギリだと入場できない場合もありますので早めの来場を心がけ、会場への道のりはしっかりチェックしておきましょう。
STEP2 身だしなみチェック・スマートフォン+モバイルOFF
会場に入場する前に、もう一度身だしなみをチェックしましょう。ネクタイが曲がっていないか?襟は折れていないか?髪は整っているか?など、基本的なことを確認しておきましょう。また、スマートフォンや携帯電話は電源を切るか、マナーモードにするなど会場での利用方法に従いましょう。面接の中はもちろんのこと、順番待ちや会場を回っているときも着信音を鳴らすのはマナー違反です。会場内でのメールチェックや検索操作等も控えましょう。採用担当者があなたを見ているのは面接時だけとは限りません。気づかないうちに、会場内の何気ない行動を見ています。周囲の状況に気を配らず平気でマナー違反をしてしまうと、それが自身の評価を下げる原因になりかねません。友達同士での気軽なおしゃべりにも十分気を付けましょう。
STEP3 目指す企業ブースへ
就職&転職フェアイラスト

受付(入場口)では、訪問カード(簡易履歴書)や会場パンフレットなどを手渡します。まずは訪問カードに必要事項をもれなく記入し、訪問カードに記入を終えたら企業ブースへ向かいます。目指す企業のブースがどの位置にあるか、受付で渡された会場パンフレットで確認することができます。ブースによっては待つ場合もありますので、会場全体の状況を見ながら効率よくまわりましょう。まわる順番はあなた次第です。目指す企業ブースをすべて訪問できるように時間を有効に使いましょう。
STEP4 面接では焦らずに
企業ブースを訪問し、採用担当者からその企業の情報・募集の条件・選考の方法など様々な情報を得るのが就活・適職フェアの目的です。中には面接会や選考会としてこの場を活用する企業もあるかもしれません。そして何よりも大切なのは、気になる企業のブースをもれなく回ることです。しかし、時間は限られています。時間を有効に活用するには、順番待ちの状態になったとき、さりげなく前の状況を観察してみましょう。採用担当者からの質問内容や応対を聞き、自分だったらどう答えるかシミュレートしておけば、焦ることなく、一つレベルの高い質問・返答ができることでしょう。ブース訪問時は焦らず落ち着いて、できるだけ簡単に質問・返答するように心がけることも大切です。本番の面接でなくとも、あなたの本気の意見・質問などは、きっと採用担当者の印象に残るはずです。
sendai-fair

何でもご相談ください!
就活・適職フェア当日は「フェアコンシェルジュ」がご案内します
就活・適職フェア当日は、わたしたち「フェアコンシェルジュ」にお気軽にお声掛けください(赤いネームプレートが目印です)。わたしたちは、『どのように訪問したらいいか迷っている』や、『ブースでの質問の仕方が不安だ…』など、困っている方に有益な情報のご提供やアドバイスをさせていただきます。会場で見かけた際には御気軽にお声かけください。


sed_shukatu_tokushu

▲TOPへ